-Delica乗りの画像UpBBS-
ここはスペースギア乗りの工夫・知恵の結晶が残るDIY中心のBBS。
お気軽にDIY・修理・改善等の画像をUPして下さい。
車の画像は、[愛車紹介画像BBS]も併せてご利用ください。


[デリカのページ] [デリカBBS] [愛車紹介BBS] [デリカD5(D:5) BBS] [スペースギア・デリカD5燃費アンケート]
[新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

*--- コメント一覧 ---*
 P1 油圧警告灯スイッチ不良  ■カーテンランナー  ■グロープラグの点検  P2 おかしくなった水温計動画  ■サビとの戦い  ■このBBSの改善を若干行いました。  P3 切り返すとカッ!と異音がする  ■リア ロアアーム ブッシュ 交換  ■安全確認カメラ
 新着の期間  [全ページの表示]  [目次OFF]  [新着一覧
Googleエンジンを使ったBBS内検索 → 〔デリカBBS10000〕 〔デリカBBS〕 〔デリカ画像BBS


・・・枠のある画像はクリックすると拡大表示します・・・


強化 トーションバー へ交換  投稿者:sayg 投稿日:2010/06/27(Sun) 22:41 No.3027

H8 PD8W シャモニー エアロルーフ 走行 90千kmに乗ってます。

強化トーションバーに交換しましたのでポイントを紹介します。

1.交換の目的
  純正トーション絞りで2.0インチ リフトアップしてますが 
  タイヤハウスに接触気味なため、あと0.5インチ上げること。
  純正トーションを限界まで絞り上げるてるため、路面の突き
  上げが不快
  この2点解消のため SHOUEI製強化トーションバーを中古で
  ゲットしDIYで交換しました。

2.手順とポイント(今さらですが)
 1)前準備・使用工具
  純正トーションに負担が掛からないくらい、タイヤが僅かに
  地面に接触するくらいにジャッキアップし、ウマをかけます。
  工具は17のラチェットレンチとボックスレンチを用意しました。
  ※ラテェットはゲンコツのほうがいいです。
  詳しくkazuhikoさんのHP参照

  2)トーションを絞り上げてるアンカーアームのM10ナットを緩めます。
   ダブルナットになってるので 一つづつ緩めます。
   とにかく手動ラチェットですから気合と根性で緩めます。
   途中で心が折れないように、場所が狭くレンチを振り回す
   スペースがない、助手席側から行います。運転席側も同様に
   緩めます。

  3)トーションバーを抜き取ります。
   スプライン部のゴムのダストカバーをメクリます。合計4箇所
   
   助手席側のトーションバーは燃料タンク、リアエアコン
   コンデンサーの配管が邪魔で場所が狭く簡単に抜けません。
   そのためトーションバーをアッパーアームに固定している
   ブラケットを外します。
   ブラケットの固定は外側はタイヤハウス内のゴムシートをめくり
   ボックスレンチで、内側は車体の下から(ヘキサゴンが
   必要です)
   ナットは鬼のように硬く締め付けられてます。CRCでタップリ
   湿らせ、パイプを掛けないと緩みませんでした。
   
   あと、助手席側のトーションバーは知恵の輪ようにして外すと
   いいますが、ブラケットを外し、中でこのブラケットと
   アンカーアームをスプラインの溝から抜き、トーショバーの
   状態だけにしてようやく抜き取れるくらいのスペース
   しかありません。
   ブラケット外したほうが早いです。
   
   運転席側は普通は、邪魔なものがないから簡単なのですが
   私は社外品のマフラーが邪魔でアンカーアームとマフラーが
   接触。しょうがないので フロントマフラーのフランジを緩め
   パイプを取り外しました。

  4)トーションバー取り付け
   取り付けるバーのスプラインにシリコングリスを塗布。
   外した助手席側のブラケットは元のところに取り付けときます。
   逆の手順で組み込み 入れるのは簡単です。
   左右前後の方向を間違えないように(トーションバーの軸に捻り
   方向の表示があります)
   アンカーアームの角度はスプラインの軸の組み込む位置で自由
   に調整できます。
   私は後々絞り上げるの前提に左右ともアンカーガイドの
   ナットが半分くらいかかるところでセット。

  5)トーションバー絞り上げて車高調整
   気合と根性で手回し。デプスソケットがあればいいのですが
   高価だし、トーション絞り上げ以外に使い道はないため
   購入を見送り そのかわりラチェット購入、これがないと
   アンカーアームナット緩め、絞るのに日が暮れます。
   ラチェットレンチ 17×14 980円 ←これを購入 
   ゲンコツラチェット 17  1580円 ←これにしとけばよかった
      
   車高はタイヤセンターからフェンダー下まで540mmに調整
   純正は470mmだったと思うのでアップ70mm(2.5インチ)

  6)リフトアップ対策として
   (1)バンプストッパーのゴム部分を約20mmカットし薄型に
   (2)ペラシャの角度がきつくなったのでミッションマウント
     ブラケットを6mmダウン純正のボルトが使えるギリギリです。
     ダウン用スペーサーはホームセンターに外形50mm穴10mm
     厚み3mmのスペーサが@50円で売ってました。合計8枚使用
   (3)ペラシャのクロスジョイント部にグリスアップ
   (4)ステアリングストッパー 延長ボルトに交換
   (5)強化アンカーアームガイドに交換

  7)交換してみて
   私のように大径タイヤ(265×70×16)を履きリフトアップしてる
   場合は絶対に強化トーションに変えたほうがいいです。
   純正トーションは絞り上げれば ただの鉄の棒と化し
   乗りごこち最悪。バネに余裕が、でた分路面の突き上げ
   感が激減しました。
   あと、これまで悩まされていた、加速時の助手席下からの
   ビビリ音がなくなりました。
   ミッションダウンが効いたのか、ペラシャのグリスアップが
   効いたのか。 久々のヒット作でした。

   画像の説明(交換後です) 
   @助手席側トーションバーブラケット タイヤハウス側から撮影
   A 同  アンカーアーム      左側が燃料タンク 狭い
   B運転席側アンカーアーム      フロントマフラーが邪魔
   C助手席側 純正バンプストッパー   ゴム部分を20mmカット
                     隙間は30mm
   D使用工具 ラチェット 17×14   使用するのは17だけ
         ボックスレンチ+ヘキサゴン これがないと
                     ブラケット外せません

 トーションバーは11年?月型を境に長さ変更になってます。
 購入する場合は、適合年式をよく確認することをお勧めします。
                  

3027_1.jpg 3027_2.jpg 3027_3.jpg 3027_4.jpg 3027_5.jpg



強化 トーションバーへ交換 その後  sayg - 2010/07/01(Thu) 19:44 No.3028

強化トーションバーへ交換後、3インチアップまで絞り上げ
昨晩、路面の悪い道路60km/hで走行していた際、
水溜りを乗り越えた瞬間、助手席足元から「バキッ」

車体の下に潜り込み、確認すると、なんと、アンカーアーム
絞っているM10ボルトの根元いるカムみたいなものの
片側がシャーシから外れかかっているではありませんか
この影響でこのボルトは曲るし、アンカーアームは歪むし
その場で応急処置しました。

1)ボルト・アームはモンキーレンチをかけて曲り修正
  ※助手席側のボルトと根元のカムみたいなのは、
   燃料タンクをかわすことができずシャーシから外せません。
   取り付けたままの状態で強引の修正
   1時間でとりあえず復旧させました。

2)原因 及び やっててよかった事
  (1)ボルトと根元のカムみたいなのは、裏側から
     M10の六角ボルトを差込 根元でゆるみ止め
     薄型ナットで固定してます。
     このナットの締め付けが甘くボルトがグラグラ
     でした。みなさん気をつけて下さい。

  (2)やはりトーション絞り上げによるインチアップは
     2.5インチ(70mm)が限界です。

  (3)強化アンカーアームガイドに変えててよかったです。
     もしこれがなかったら、アンカーアームが両側に
     開き、もっと悲惨な結果になってました。
     Yオクでも1.5kほどで購入できるので
     絶対に強化ガイドへの交換をお勧めします。








自作テレビアンテナ  投稿者:あいあい 投稿日:2010/06/26(Sat) 16:22 No.3026

あいあいと言います。

H16 V6 3000cc 4WDに乗っています。

SG専用ネタではありませんが・・・。

車載テレビアンテナを自作しました。

同軸ケーブルの芯部とシールド部に,
57cmのハーネスをループ状に半田します。

当方の車両では,地上デジタルフルセグ放送も視聴出来ました。
付属アンテナと比較をしていない為,優越の程は判りません。

以上です。
火災の恐れもあるので自己責任でお願いします。

3026_1.jpg 3026_2.jpg






スキッドプレートの流用  投稿者:kazuhiko 投稿日:2010/06/22(Tue) 16:16 No.3023

皆さん、こんにちは。富士山の麓に生息している、kazuhikoです。

社外品、他車種用の流用です。
パジェロミニ(H56)用の、JAOSのスキッドプレートを流用(加工)して、
前期型のSGに取り付けてみました。

以前より使用していたものは、SG用ということで手に入れたJAOSの
スキッドプレートで、3年ほど前に入手して、拾萬円号へと使用しています。
ただ、ノーマルのSGには、着きそうで着かない… 謎のスキッドプレートです。
後ろ側は、純正のスキッドプレート(2枚目)と共締めできるネジ穴が
ありますので、間違いなくSG用と思われますが、付属の金具だけでは、
どう考えても謎のまま。
推測するに、JAOSのブルバーと組み合わせて装着されていたものか??
という、あくまで推測です。

拾萬円号には、前側のステーを自作して、強引に取り付けて
いたのですが…
近頃、ブルバーを手に入れたという某氏が、密かに狙っている?
との、不確定情報を耳にしまして…

代わりに装着できるものがあったらね… と、口を滑らせてしまった次第。(爆)

まぁ、結局は、ブルバーを装着したお友達に譲ってしまったのですが…
でもやっぱり、微妙に専用品ではないような違和感が(爆)

拾萬円号に装着すべく、次に手に入れた物は…
ネットオークションで見つけた、パジェロミニ(H56)用のスキッドプレート。
傷、曲がりありのジャンク扱いでしたので、比較的安価で入手しました。
大きさは、SGに今まで取り付けていたものよりも大きく、それでも、
幅的には純正のグリルガードのセンターに収まる幅。

取り付け穴を拡大したり、ステーを作ったりもしましたが、いいアイデアが
浮かばず…

結局、後端を80ミリほど切断して、短くしました。ディスクグラインダーの
切断砥石が、あっという間に削れてなくなりますので、1カット切断するのに、
切断砥石が、 新品2枚ほど必要。
まっすぐにカットできませんから、その後は研削砥石で断面を修正して、
純正スキッドプレートと共締めするためのボルト穴を13ミリのドリルであけ…

後日、再度加工しなおしました。更に30ミリほど長さを詰め、これで
それらしく装着できるかな?


3023_1.jpg 3023_2.jpg 3023_3.jpg 3023_4.jpg 3023_5.jpg 3023_6.jpg



スキッドプレートの流用(2)  kazuhiko - 2010/06/22(Tue) 16:29 No.3024

つづきです。

スキッドプレートの後部は、純正のアンダーガードと共締めできるように
穴あけ加工しまして、そのまま取り付けできるのですが、問題は前側です。

どうやって取り付けしようか?
できることなら、既存のボルト用穴を利用して、それ以外の穴あけ加工は
施工したくはないのですが、ステーを作成するにも複雑な3次元の整形は
できませんし、他に良い方法は??

そこで、静岡の匠こと、YUJI@静岡さんよりアドバイスを頂きました。
「市販のランプステーで流用出来そうな感じに見えます。」とのこと。

ランプステーを流用して、純正のアンダーバーと共締めする方法を前向きに検討。
ホームセンターで買ってきた、足場用クランプ。単クランプに、アタッチメントを
取り付けできるよう、 1/2インチのボルトが溶接された形状のもの。

ボルトを切り取り、摺って平らにしたら、ポンチで打刻して、ボルト部分に
ドリルで穴を開けます。
M8のタップ加工を施して、スキッドプレートと共締めできるように。

足場クランプには、メッキ処理が施してありますが、切削加工した部分は
錆びてしまいます。しかし、メッキが災いして、上塗り塗装は密着性が悪く
剥がれ易いので、表面処理を。塩酸で、メッキを剥離した後、地肌が露出した
鉄へ、リン酸処理を施して、防錆ならびに、塗装の下地処理。
こうすると、塗料の密着が良くなります。
最後に、シャーシーブラックを吹き付けて、作業は終了。
(ここまでの作業は、先週末までに終わらせています)

本日から夜勤です。雨もあがり、午後から路面も乾いてきましたので、
先週から小細工をしている、JAOSのパジェロミニ(H56)用
スキッドプレートを、装着しました。

加工した足場クランプを、純正のフロントアンダーバーに通します。
フロントグリルガードを外して、共締めされているわけですが、全部を
撤去するのはちょっと大変。 一部の取り付けステーを緩めて、強引に
隙間を作って押し込みましたが…

あとは、手締め程度に各所のボルトを締めて、全体のバランスを見ながら、
本締めしていきますが…

何か、歪んでいる!

それもそのはず。この、アンダーバー自体が、水没号からの移植時に、
既に歪んでいたのですから(爆)

アンダーバー自体の歪みを、幾らか修正しましたが、やはり、満足のいく
ほどには真っ直ぐにはならず。
結局、高さ調整用に入れたシム代わりの、厚いワッシャー(3ミリ)を
左3枚、右2枚とし、ボルトも25ミリと、30ミリで長さを変更して
対処しています。
※足場クランプにメスネジを切ってあるので、ボルトが長いと締め切れない。

以前のスキッドプレートに比べると、裏からナットを噛ませる必要がなくなり、
オイル交換の際に脱着するのは、楽になったかもしれません。

3024_1.jpg 3024_2.jpg 3024_3.jpg 3024_4.jpg 3024_5.jpg 3024_6.jpg






[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150]



投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 削除キー

ページ掲載の画像の一部、または全部を著作権法の定める範囲を越え投稿者に無断で複製、転載することを禁じます。

1発言で画像10枚まで、トータル2Mbまで投稿出来ます。
1枚の画像は大きくとも1920pix程度に抑えてください。
画像のリサイズは Windowsの方でしたらフリーソフトの縮小専用をお薦めします。





Back to Top

MORIMORIスペースギアのページへ戻る




- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y20 :Edit by Yamamoto -
- Tomokun_ver20050204-thb : Edit by tomokun -
- resize.pl - -守宮