-Delica乗りの画像UpBBS-
ここはスペースギア乗りの工夫・知恵の結晶が残るDIY中心のBBS。
お気軽にDIY・修理・改善等の画像をUPして下さい。
車の画像は、[愛車紹介画像BBS]も併せてご利用ください。


[デリカのページ] [デリカBBS] [愛車紹介BBS] [デリカD5(D:5) BBS] [スペースギア・デリカD5燃費アンケート]
[新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

*--- コメント一覧 ---*
 P1 カーテンランナー  ■グロープラグの点検  ■おかしくなった水温計動画  P2 サビとの戦い  ■このBBSの改善を若干行いました。  ■切り返すとカッ!と異音がする  P3 リア ロアアーム ブッシュ 交換  ■安全確認カメラ  ■デリカ用フロントロアボールジョイントとパジェロ用の...
 新着の期間  [全ページの表示]  [目次OFF]  [新着一覧
Googleエンジンを使ったBBS内検索 → 〔デリカBBS10000〕 〔デリカBBS〕 〔デリカ画像BBS


・・・枠のある画像はクリックすると拡大表示します・・・


冷却水の寒冷地対策  投稿者:kazuhiko 投稿日:2008/02/11(Mon) 13:57 No.2287   HomePage

皆さんこんにちは。
拾萬円デリカこと、平成7年SG(2800DT)に乗っているkazuhikoです。

週末に岐阜県の奥飛騨(平湯温泉)で行われた「かまくらオフ」(幹事:スパギアさん)に
参加して来ました。
先月から屋根の板金修理のために入院させていた2号車(拾萬円号)が、前日に退院して
きましたので、取り急ぎ、寒冷地へ出かけるための身支度をしました。

車両本体10万円(消費税込み)で、買ってきたというよりも、拾ってきた感覚に近い
2号車(拾萬円号)ですが、各所の不調箇所を順に手直しをしながら再生してきました。
ラジエターの冷却水(LLC)については、サーモスタット交換や、不足分を補充した
程度で、全量交換していませんので、果たしてこのままオフ会へ出かけてよいものか??
温暖な静岡県で使われてきた車ですし、前オーナーがどの程度メンテしていたのかは、
まったく不明。

とりあえず、手元に在庫していたロングライフクーラント(LLC)が1本(2リットル)
ありましたので、濃度の調整をしてから出かけようと。

<作業手順>

1段階 ラジエターのドレンプラグを緩めてLLCを抜き取る

※エンジン停止直後は高温になっていますので、ある程度冷ましてからの作業となります。

(1)フロントのアンダーガードカバーを外します。一番手前の黒い樹脂カバーだけでOK
   バンパー側は(+)ドライバーで3箇所のクリップを外します。
   奥側は、2枚目のアンダーガード(鉄板)と共締めされているので、14ミリの工具で
ボルトを外します。(年式によっては、工具サイズが17ミリになります)

(2)ラジエターの下、運転席側にドレンプラグがあります。ロアホースのすぐ隣です。
   ドレンプラグ(蝶ネジ)を緩めて、バケツなどで排出されたLLCを受けます。

(3)コンデンスタンク上にあるラジエターキャップを外します。高温になったLLCが
十分に冷めていないと、キャップを緩めた直後に熱いLLCの蒸気が噴出しますので、
火傷に注意して作業します。タオルやウエスで手を保護してあげるとよいでしょう。

※ 2800DT車では、冷却水の全容量が約11リットルとなっていますが、ラジエターの
ドレンから排出できるのはおよそ半分弱。5リットル程度のLLCが排出されますので、
大きめのバケツなどを用意する必要があります。

<つづく>

2287_1.jpg 2287_2.jpg 2287_3.jpg 2287_4.jpg



冷却水の寒冷地対策2  kazuhiko - 2008/02/11(Mon) 14:02 No.2288   HomePage

<つづき>

2段階 LLCの濃度測定

(1) ラジエターから抜き取ったLLC(ロングライフクーラント)の
濃度を測定します。
LLCの主成分は、エチレングリコールで、比重は1.1135(20℃)と、水よりも
重たいので、比重を測ることで、LLCのおおよその濃度を知ることができます。

(2) LLCの比重を測定するためには、比重計を使用しますが、比重計は、精度の要求
される分析器具ですので、非常に高価なものです。
測定範囲が1.000〜1.200までの物を使用します。

(3) LLCの比重は液温により微妙に変化するので、測る温度により、誤差が生じます。
温度による比重の補正データもありますが、詳細がわかりませんので、できることなら、
20℃まで温度を下げてから測定した方がよいでしょう。(冬場はすぐに温度が下がります)

※参照
冷却水の濃度と交換の目安
http://heartland.geocities.jp/kazuhiko0521/delica/DIY/cooling/LLC-hydrometer.htm

2号車(拾萬円号)から排出したLLCは、20℃での比重が1.034でした。
見た目は透き通ったグリーンで、錆や汚れなどはありませんでしたので、交換履歴は
あると思われますが、かなり濃度が薄いです。22〜25%程度。マイナス10度まで
耐えることはできそうにありません。

通常、国内の温暖な地域で使用されている車でも、30%程度には調整されているはず。
私が所有するようになってからは、コンデンスタンクの交換や、サーモスタッドを
交換しておりまして、その都度排出したLLCは、適正濃度の新液を補充して
いますので、この車の場合は、前オーナ時代、LLCの不足分を水だけ補充して
いた可能性もあります。
このまま奥飛騨へ出かけたとすれば、間違いなく、朝までに冷却水が凍結して、
体積が膨張した結果、ラジエターがパンクするのは、必至でしょう。

<つづく>

2288_1.jpg 2288_2.jpg 2288_3.jpg



冷却水の寒冷地対策3  kazuhiko - 2008/02/11(Mon) 14:06 No.2289   HomePage

<つづき>

3段階 LLCの補充とエアー抜き

今回使用したのは、濃度90〜92%のLLC原液が2リットルのみ。
LLCの濃度がこれだけ薄いと、LLC原液のまま補充しても、原液が2リットルしか
ありませんので、奥飛騨で一夜明かすには、必要最低限の濃度にしか至らないのですが、
やむを得ません。

●総量11リットルのうち、90%原液2リットル分が入れ替わった場合の変更後濃度
   11リットル − 2リットル = 9リットル
   9リットル × 22% = エチレングリコール1.98kg
   2リットル × 90% = エチレングリコール1.8kg
   1.98kg + 1.8kg = 3.78kg
   3.78kg ÷ 11リットル = 34.36%
※濃度計算には、安全を見越して誤差の範囲の低い方の数値を計算しているので、
 実際には35%以上はあるものと思われます。

(1)ラジエターのドレンプラグを締めます。

(2)最初に、LLCの原液(90〜92%)をコンデンスタンクから投入します。

(3)次に、抜き取ったLLC(22〜25%)をタンクから溢れない程度に入れます。

(4)ラジエターキャップは開放したままエンジンを始動して、ヒーターを全開にします。

(5)エアー抜き用のプラグを外します。工具サイズは12ミリ。

(6)コンデンスタンク内からエアーがボコボコ噴出してきたら、LLCが
   吸い込まれていきますので、減った分だけ補充してやります。

(7)10〜30分程度アイドリングを継続すると、エアー抜きが終了しますので、水位を
   適正レベルの範囲に調整します。

(8)ラジエターキャップ、エアー抜きプラグを締めます。樹脂製のプラグは、締めすぎると
   破損する可能性がありますので、締めすぎに注意。

(9)アンダーガードカバーを元に戻して、作業終了。

希望としては、氷点下20度でも安全な濃度まで調整したいのですが、準備不足という
こともあり、今回は我慢。一応、氷点下15度くらいまでは安全に使用できると思います。

かまくらオフ2日目の朝の外気温は、氷点下11度まで冷え込みましたが、特に問題なく、
エンジンは一発始動。ラジエターのパンクや冷却水の漏れもなく、ヒーターの効き具合も
特に不具合はありませんでした。

2289_1.jpg 2289_2.jpg 2289_3.jpg 2289_4.jpg 2289_5.jpg 2289_6.jpg






ハブボルト破断  投稿者:kazuhiko 投稿日:2008/01/30(Wed) 21:21 No.2271   HomePage

こんばんは。拾萬円デリカこと、kazuhikoです。

最近は、各地で雪の便りが聞かれますが、富士山麓でも、標高の高いところでは
少し積もりました。ワクワクしますが、2号車(拾萬円号)が入院中のため、
スタッドレスも車とともに修理工場に…

先週末に、車だけ入院させておき、スタッドレスを奪取してきて、1号車
(水没号)にはかせたので、今日は富士五湖方面の温泉へ。

温泉へ行くのに、なぜか遠回りして、富士山をぐるりと回りながら、
雪景色を堪能しましたが、降雪したのが数日前ということもあり、
路面に積雪はなく、雪上のSGは、山中湖畔にて。

温泉からの帰り道、富士山の南麓、十里木高原に差しかかると、フロントから、
コツコツという異音がします。
気になったものの、すぐに異音は消えましたので、数キロ、そのまま走行。

再び異音が出始めたとき、異音は大きくなり、ハンドルにもゴトゴトという感触が。
パンクか? ホイールナットの緩みか? と思い、路肩に車を寄せましたが、
暗いところでしたので、よくわからず。
低速では異音は発生しないので、再び動き出しましたが、直後から異音が…
しかも、ハンドルへの振動は大きくなるばかり。やばい! というわけで、
明るくて、安全に駐車できる場所へ退避したのですが、やはり、左前輪の
ハブナット(ホイールナット)が緩んでおりました。

トルクレンチで締め付けたのに何故? と思いながらも、原因の究明よりも、
応急処置が先ということで。

しかし、適切な工具を持ち合わせておらず。社外アルミで、スリムタイプの
レンチでないと工具が入らないホイールでしたが、工具箱に入れていた
(思い込んでいた)はずのアダプターが見つからず。

おまけに、1本だけナットが欠落している… まあ、予備のナットくらいは
持っていますが…

そして、現場近くで発見したのは、折れたハブボルトと一緒のナット!
どうやら、車を止めた場所で、偶然脱落したのでしょう。偶然ですが。

万事休す! ということで、お決まりのJAFに救援依頼。
今回は、ベテラン隊員と若手隊員の2人で駆けつけてくれましたが、
若手へのレクチャーを兼ねていたこともあり、かなり丁寧に作業してくれました。

折れたハブボルトは、現場ではどうしようもないので、残り5本の増し締めを
お願いしたのですが、ジャッキアップして、一度タイヤを外してから、
残ったハブボルトの被害状況を再確認。多少、切り粉が発生していますから、
ボルト自体の損傷は免れない様子。

ホイール取り付けの際にも、軽く回しながら、ホイールがセンターに取り付く
ように確認して、確実にセンターに取り付けます。

若手隊員へのレクチャーが、ひとつひとつ、質疑応答を投げかけるように
説明しておりましたので、私自身も、よく勉強になったという次第。

とりあえず、夜勤には間にあいそうなので、よかった、よかった。

2271_1.jpg 2271_2.jpg 2271_3.jpg 2271_4.jpg



Re: ハブボルト破断  まさや@松本 - 2008/01/30(Wed) 22:34 No.2272

kazuhikoさん まいどです
1号車に乗れるものあと2週間 色々と走り回っていらっしゃいますが
やっぱりあちこち後遺症が出始めていますね

今回タイヤが一人立ちしなくて 本当によかった
最後の日まで2号車と共にかわいがってあげてくださいね


Re: ハブボルト破断  kazuhiko - 2008/01/31(Thu) 05:28 No.2273   HomePage

まさや@松本さん、おはようございます。

当初の予定より、2号車の入院が長引いているのと、雪が降ったこともあり、
1号車に再びスタッドレスを履かせたわけですが、ルーフラックとリアラダーを
撤去したことで軽量化されたこともあってか、かなり調子は良く、その加速性に
満足していたんですけどね。

調子に乗ってぶん回しているときに、タイヤが脱落しなくて、本当によかった
と思う反面、かなり痛めつけたからな〜 という、自責の念もあったりして…
雪道は除雪されていても、路肩はラッセルされた雪が覆っていますので、
対向車が来るとすれ違い困難に。4WD車とはいえ、凍った路肩に乗り上げると、
左前輪への負担というのは、かなり大きい。タダでさえ負担の掛かる部位
なのですが、ハブボルト破断の原因は、果たしてどこにあったのか?

JAFの隊員と話をする中で、少しだけ整理してみました。

●タイヤ取付位置が確実にセンターに合っていたか?
スリムタイプのレンチを必要とする、ナット周りのクリアランスが狭い
社外ホイールとはいえ、使用工具が掛けづらいような場合は、センターが
狂っている可能性大。工具が引っかかるような状態では、トルクレンチで
締め付けた場合、抵抗が大きくなっていることから、必要な強度が得られる
までネジを締め込むことなく、トルクレンチが規定値に達するので、結果的に
締め付け不足が発生する。

●ホイールとナットのテーパーの接触面は適性か?
ホイールにあったナットを使用しないと、接触面積が少なくなり、必要な
強度が得られない。
また、締めすぎなどが原因でホイール側に歪みが生じている場合、いくら
ナットを締めこんでも緩んでくることがある。
過去に締め過ぎはなかったか?(ショップで使用のインパクトに注意)

●ハブボルト自体の損傷
過去に締めすぎていたりした場合、ねじ山を痛めていることがある。
ナットを手で締めこんだとき、軽くまわるようでなければ、ねじ山が痛んで
いる証拠。
或いは、ネジがなめていることもある。
ある一定のトルクが得られた位置から、もう少し締め込んでいった場合に、
いきなり力が抜けて軽くまわってしまうようなら、ねじ山の損傷。
ねじ山が損傷するくらい締めこまれた経緯のあるボルトは、ねじれている
ことが多く、何かのきっかけで破断してしまうことがある。

4輪とも、JAFの隊員の手で増し締めをしてもらいましたが、残る3輪は、
ほぼ確実に締まっているものの、やはりボルトが痛んでいる可能性は否めない
ようで… 一定の力で締め付けた位置から、少しだけ回そうとすると、
締め付ける力が軽くなるポイントが存在するようで、このまま使い続けた場合に、
他のタイヤも脱落する可能性は否めないようです。

それにしても、ベテラン隊員から、若手隊員へのレクチャーは、とても
参考になりましたよ。

あーしなさい、こーしなさいという命令調ではなく、「君だったらこの場合、
どういう処置をする?」「何故こういう作業が必要なのかわかるかい?」
というような感じです。

仕事において、質の高いサービスを提供するというのは、こういう環境の
中で育まれるのかな? と。


さてさて、話はかわって、かまくらオフ。
2号車の修理が完了しなければ、屋根の補修なので、仮退院はさせません。
ということで、1号車を使うことを考えていたのですが、この状態では、
奥飛騨まで走って行くわけには行きませんよね?

もうじき廃車になる車の、ハブボルトを全交換する??
フロントは、ハブの分解作業を伴うので、ハブボルト交換で、2万円〜
くらい掛かる重整備です…

2273_1.jpg 2273_2.jpg 2273_3.jpg 2273_4.jpg



Re: ハブボルト破断  まさや@松本 - 2008/01/31(Thu) 22:14 No.2274

内緒ですが、○岡のtomiさんのSGに 1号車のスタットレスを履かせて
tomiさんを強制参加させて二人で来るとか(^^


Re: ハブボルト破断   - 2008/01/31(Thu) 22:53 No.2275

皆さん、どーもー。

しっかしkazuhikoさんは「故障の玉手箱やぁ」状態ですね。
次から次へと、何ということでしょう。

kazuhikoさんにお会い出来るのを楽しみにしてましたが
雪の上を三輪で走って来るなんて無茶はしないで下さいね。


Re: ハブボルト破断  Pちゃん - 2008/02/01(Fri) 00:42 No.2276   HomePage

みなさま、どうも〜。

うちの1号、去年あたりにフロントのローターの交換を
ディーラーに依頼した時、ついでにハブボルトの交換も
頼んじゃいました。どうせ同じ作業ですし。

本当はDIYでやろうかと思ったんですが、面倒くさい病が
発症して(笑)

トルクレンチって、タイヤ交換をした時に店でやってくれた
事がありますが、指定値だと弱かったような記憶が?
緩んできて怖い思いをしたので、それ以降、少し強めに
手ルクレンチで締めています^^


Re: ハブボルト破断  kazuhiko - 2008/02/01(Fri) 04:04 No.2277   HomePage

おはようございます。拾萬円デリカこと、kazuhikoです。
皆さん、レス有難うございます。

<まさや@松本さん>
奥飛騨まで一緒に行くのはいいのですが、私はどこで寝るの??
STの中で一晩中、薪ストーブの火の番人か?? 皆んな、いぶしてあげるぞ〜

というか、オフ会の準備だけで、恐らくショートのSGでは1名乗車で満杯。
降雪していると、屋根の上や、車外にキャンプ用品を出しておくわけには
いかないので、何らかの対策は必要ですね。

<歪さん>
一応、行く方向で考えております。
昨日の朝、いつもお世話になっている修理工場へ、職場から電話を入れ、
SGのハブボルトを6本注文しておきました。
車検証のコピーを預けているので、電話1本で部品の発注は完了。

ハブボルト自体は、長さがわかれば、P1.5の市販品でもいいのですが、
今回は、折れた左前輪だけ、6本全交換しようかなと。

<Pちゃん>
ローター交換と、ほぼ同じ手順ですね。修理依頼すると、それ相当の工賃が
掛かってきますので、今回はDIYで分解しようかなと。
まあ、2時間もあればできるでしょう。

でね、ここでローター分解と同じ作業して、組み込んだ後、1号車が廃車に
なったあとは、1号車のブレーキ系統と、2号車のブレーキ系統を、全入れ
替え予定なので、もう一度、2台ばらすのか?? いい加減、めんどくさいです。


Re: ハブボルト破断  りょう@山梨 - 2008/02/02(Sat) 08:52 No.2278

kazuhikoさん

なんとか1号車も走っているのですね。

僕のほうも、色々とやらなくてはいけない事があるのですが、なんにせよ寒くて気合が入りません

早く暖かくならないかなあ

昔、前を走っていた車からタイヤが外れて転がっていくのを目撃しました。

瞬間、三輪走行してましたが、直後にガガガと傾きました
運転手はそうとうびっくりしたんでしょうなあ

ハブボルトの損傷や、やばいかなあ?と気が付くのは
世のドライバーの一部だけですから。


ハブボルト交換完了  kazuhiko - 2008/02/02(Sat) 19:12 No.2279   HomePage

皆さんこんばんは。拾萬円デリカこと、kazuhikoです。

ハブボルトを破断してしまった1号車(水没号)ですが、DIYにて、
交換作業を施工しました。
基本的には、フロントブレーキローターの交換と、同じ作業となります。

ハブを分解するために、結構面倒ですね。2〜3時間のボリュームです。

ハブボルト自体は、裏からスプラインで差し込まれているだけなので、
ハンマーで叩けば抜けます。部品代は1本160円(税別 0505現在)
なので、6本全交換しても千円程度なのですが、これを修理に出すと、
かなり高額ですね。

ボルト6本交換したついでに、ナットも新しくしました。

2279_1.jpg 2279_2.jpg 2279_3.jpg 2279_4.jpg 2279_5.jpg 2279_6.jpg



Re: ハブボルト破断  kazuhiko - 2008/02/02(Sat) 19:33 No.2280   HomePage

りょう@山梨さん、こんばんは。kazuhikoです。

昔、北海道に住んでいた頃の話ですが、10月後半から11月には初雪が
降るのです。雪が降っては車は動けませんので、朝起きて外が真っ白だったら、
学校へ行く前にスパイクタイヤに履き替えるのが、子供の頃からの習慣でした。

ところが、10歳くらいの子供の体重では、ホイールレンチに全体重を掛けても、
時には締め付け不足に… (親父が最後に確認すればいいのですが…)

高校生の頃、私が学校へ行っている間に雪が降り始め、午後から小学生の弟が
手伝って、親父の車のタイヤを交換。天候も悪いので、帰宅時に学校まで
迎えに来てくれたものの、自宅へ戻る途中、事故は起きました。
国道12号線、直線区間で、左後輪が自車を追い越して、対向車線を駆け
抜けて行く…

駆動輪の1本を失ったFR車は、三輪走行後、胴体着陸?? 難なく不時着
しましたが、すっ飛んでいった後輪は見つからない。夜になって、国道の
路肩は真っ暗。
幸い、片道10数キロの高校までに通っていた自転車を車に載せていたで、
そこから数キロ先の自宅までダッシュして、懐中電灯を持ってきましたが、
親父云く、最悪見つからなければ、スペアを履かせれば帰れたので、そんなに
慌てる必要もなかった… と、あっけらかん。

ともかく、対向車に衝突することもなく転がっていったタイヤを探し出し、
後輪に装着。勿論、ホイールナットはありませんので、残りの3輪から
1個ずつ外して装着。
4穴ホイールで、ナットを1本外してしまうのって、ありなんですかね?

山のない、まっ平らな北海道の石狩平野は、殆どの道路が直線なんで、
速度を控えていれば、応急処置としてはありなんだそうです。

余談ですが、このときに履かせたタイヤは、スパイクタイヤからピンを
抜いた、スノータイヤ。スパイクタイヤが減ってくると、スパイクが顔を
出している量が長くなり、かなりうるさいし、走行中にピンが脱落して
減ってしまうのです。そこで、毎年春になると、古いスパイクタイヤから、
ピンを抜いて、夏タイヤとスパイクタイヤの中間の時期に使えるように、
スノータイヤに変身させてしまうのです。
雪の降りはじめと、春先の雪解けシーズンに使いますね。

普通は、こんな作業も大人が、エアーツールを使って施工するのですが、
我が家の場合は、学校から帰ったら、夕食までの間に毎日1本ずつ処理するという、
しかもペンチ1丁で…

スタッドレスタイヤって、スパイクに比べれば危ないけど、楽ですね〜





タコメータよりの信号取り出し  投稿者:まさや@松本 投稿日:2008/01/29(Tue) 22:14 No.2269

みなさん 画像の貼り付けでちょっとお借りします

BBSの方でメータよりタコ信号の取り出しの投稿がありましたので
その回答用配線図です

不必要に信号線に割り込ませるのは データの誤差や故障の原因になりますので 注意してください。

2269_1.jpg 2269_2.jpg 2269_3.jpg






[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150]



投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 削除キー

ページ掲載の画像の一部、または全部を著作権法の定める範囲を越え投稿者に無断で複製、転載することを禁じます。

1発言で画像10枚まで、トータル2Mbまで投稿出来ます。
1枚の画像は大きくとも1920pix程度に抑えてください。
画像のリサイズは Windowsの方でしたらフリーソフトの縮小専用をお薦めします。





Back to Top

MORIMORIスペースギアのページへ戻る




- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y20 :Edit by Yamamoto -
- Tomokun_ver20050204-thb : Edit by tomokun -
- resize.pl - -守宮