-Delica乗りの画像UpBBS-
ここはスペースギア乗りの工夫・知恵の結晶が残るDIY中心のBBS。
お気軽にDIY・修理・改善等の画像をUPして下さい。
車の画像は、[愛車紹介画像BBS]も併せてご利用ください。


[デリカのページ] [デリカBBS] [愛車紹介BBS] [デリカD5(D:5) BBS] [スペースギア・デリカD5燃費アンケート]
[新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

*--- コメント一覧 ---*
 P1 油圧警告灯スイッチ不良  ■カーテンランナー  ■グロープラグの点検  P2 おかしくなった水温計動画  ■サビとの戦い  ■このBBSの改善を若干行いました。  P3 切り返すとカッ!と異音がする  ■リア ロアアーム ブッシュ 交換  ■安全確認カメラ
 新着の期間  [全ページの表示]  [目次OFF]  [新着一覧
Googleエンジンを使ったBBS内検索 → 〔デリカBBS10000〕 〔デリカBBS〕 〔デリカ画像BBS


・・・枠のある画像はクリックすると拡大表示します・・・


ATシフトポジション球の交換  投稿者:kazuhiko 投稿日:2006/04/05(Wed) 23:31 No.964   HomePage

こんばんは。平成7年SG(2800DT)に乗っているkazuhikoです。

スペースギアでは、インパネ周りのイルミの球切れなどが比較的メジャーなトラブルのようですが、私も結構当てはまっています。
エアコン操作パネルのイルミが点かなくなったり、メーター内の4WDインジケーターの後輪部分が点かなくなったり… いずれも、半年から1年ほど放置していたら、いつの間にか復活していたのですが、今度は恐らく球切れだろうと思われる部分があり、今回は電球交換のために、メーターパネルを分解してみました。

今回の作業は、メーター内にある、ATインジケーターの、シフトポジション球交換。D(ドライブ)が先月から点かなくなってしまいました。

<作業手順>

(1)メーターフードを外す

◆最初に、メーターフードASSYを外します。
できれば、フォグライトスイッチや、ATモードスイッチのようなスイッチ類は、最初に外しておいて、配線コネクターを抜いておいた方が、あとの作業が楽です。スイッチの端の部分を、マイナスドライバーのようなものでこじると、簡単に浮きますから、開いた隙間にマイナスドライバーを差し込んでやると、簡単に外れます。

◆スイッチ裏の配線コネクターを抜いてしまえば、メーターフードの取り外しは簡単。メーター上部の2箇所のビスを、スタビーと呼ばれる短いタイプの(+)ドライバーで緩めるだけ。
あらかじめスイッチの配線を外しておくことができなかったときには、メーターフードを外しながら、配線コネクターも抜きますが、意外と手が入れづらいです。スイッチごと外してしまったほうが楽ですね。

◆シフトレバーを一番下(Lレンジ)に下ろして、ステアリングコラムは、チルトを一番下に下げないと、メーターフードを取り外すことができません。

<つづく>

964_1.jpg 964_2.jpg 964_3.jpg 964_4.jpg



ATシフトポジション球の交換(2)  kazuhiko - 2006/04/05(Wed) 23:32 No.965   HomePage

<つづき>

(2)メーターパネルを分解する

◆メーターフードが外れたら、メーターパネルASSYを外します。
メーターASSYを固定しているビスは、上下各2本ずつの、計4本だけです。(+)ドライバーで外します。

◆メーターパネルASSYを固定しているビスが外れたら、メーターを引き出し、メーターにつながっている配線コネクターを引き抜きます。コネクターは全部で5箇所あります。コネクターの爪部分を押しながら引き抜きますが、少し硬くて、苦戦することもあります。

◆メーター裏の配線コネクターが全部外れたら、メーター表面を分解します。メーターガラス、ウインドウプレート(黒い部分)を外しますが、工具は必要ありません。樹脂の爪で差し込んであるだけなのですが、取り扱いは慎重に。勢い余ってひび割れさせないように注意。

(3)ATインジケーターを分解する

◆メーターガラスとウインドウプレートが外れたら、メーターから、ATインジケーターだけを取り外します。
メーター底部に、2箇所爪がありますから、その部分をドライバーか、ロングノーズプライヤー(ラジオペンチ)などで押してやると、ATインジケーターASSYが外れます。

◆ATインジケーター本体を取り外したら、表面のカバー外します。透明樹脂と文字盤の2枚重ねになっています。ATインジケーター表面のフィルム上の文字盤を外すと、中に麦球(バルブ)が見えます。

◆ATインジケーターを更に分解して、基盤とバルブだけが露出するようにします。このとき、工具は必要ありませんが、樹脂の爪を折ったりしないように注意。
基盤が丸見えになったら、ゴムの台座に固定された麦球が見えます。麦球本体を引き抜くのではなく、ゴムの台座ごとセットになっています。

◆12V−1.2Wの麦球で、純正部品番号は、MR167725。1個200円(04.11現在・税別)です。模型店などで麦球を買ってきて、台座に取り付けることも可能ですが、手間を考えると、純正部品の方が簡単でよいかと。交換作業をする前に、あらかじめ部品を注文しておくといいでしょう。

◆あとは、分解した手順と逆の要領で、元通り復元するだけです。特に難しいことはありませんが、メーターガラス内に、ホコリ等が残ると見苦しいので、きれいな環境で作業します。
永年の使用で、メーターガラス内が曇っている場合には、この際ですから、きれいに拭き取るといいかもしれません。

965_1.jpg 965_2.jpg 965_3.jpg 965_4.jpg 965_5.jpg



Re: ATシフトポジション球の交換  youki - 2006/04/06(Thu) 22:01 No.975

こんばんわ、V26パジェロに乗っているyoukiです。

私の場合、年末位?にSS4の表示のリヤ側(常時点灯)の片側が切れて
どうも、気になる為、車検も有るし(車検は問題無いと思う)気を入れて
冬場の少し暖かい日を見計らって交換しました。(少しでも暖かい方が
プラスチックに優しいかなと思い?)

使用ランプはホームセンターにて購入しました。

メーター外す際、ケーブルとかコネクターが結構堅かったですね。
後、注意点として、常時電気が流れている部分が有る為、ショートとか
注意が必要だと思いました。

975_1.jpg 975_2.jpg 975_3.jpg



Re: ATシフトポジション球の交換  kazuhiko - 2006/04/06(Thu) 23:56 No.976   HomePage

youkiさん、こんばんは。平成7年SGに乗っているkazuhikoです。

パジェロの場合、オプション設定かな? リアデフロックがあるのですね。
SGには、設定がないので、リアデフのところには点灯しません。
(MORIMORIさんの実験画像では、他の部分にランプのはいる穴が
あるようで、何故かしら点灯可能のようですが…)

なので、後輪のランプが点かなくなったときには、左右同時でした。

SGと同様に、麦球のようですね〜 足の細工は、面倒ではなかったですか?

976_1.jpg



Re: ATシフトポジション球の交換  youki - 2006/04/07(Fri) 18:45 No.977

どうも〜、パジェロに乗っているyoukiです。

パジェロの場合、表示ランプは同じ物を16〜18個ぐらい使用するみたいです。
(オプションで変わると思います。)

純正だと1個バルブのみで、250円ぐらいみたいです。

今回使用したバルブは、純正と同じ(多分小糸製)バルブで価格は約半分2個入りパッ
クで、当然左右同時交換です。

以前は、バルブの種類が解らず、今回、ホームセンターで偶々見つけてゲットしました。

バルブの価格を考えれば、LED化等も解りますが、とりあえず今回は、自動車補修交換用
電球を使用しました。

交換はプラスチックのソケットから外しにくいぐらいですかね?
(物が小さい為、壊れないか心配でした。)





センターテーブル?  投稿者:kazudeli@神奈川 投稿日:2006/03/30(Thu) 23:41 No.950   HomePage

みなさま、こんばんわ。
BBSでは本題からそれてしまったのでこちらに投稿します。

写真のテーブルはカップホルダーを外したビス2本でとめるだけのテーブルです。
自分はジュース2本+携帯ぐらいしか置かなかったですが
子供が手をついても取付部にある程度たわみがあるので大丈夫でした。
取付部はビスが奥まっているので3センチほどステーだけのばして取り付けました。

950_1.jpg 950_2.jpg 950_3.jpg 950_4.jpg



Re: センターテーブル?   - 2006/04/01(Sat) 12:27 No.953

kazudeli@神奈川さん、どーもー。

このビスを止めるのにドライバーが斜めになって難しそうですね。

私は長距離運転の際はチョコレート、煎餅、かりんとう等を用意
して乗り込んでるので以前からテーブル設置を考えていました。
これらを手元に置くのはカゴの方が良いかなとも思うし。
其の内何か作りますので参考にさせて頂きます。

私にとって運転時に無くてはならない物、タバコです。
右ドアにタバコとライターを入れておく箱を両面テープで
貼り付けていますが夜間の為にハンドル下からLEDの
スポットランプで見えるようにしてあります。

ボールペンの軸を切ったものにダイオードを付けた白色LED
を指し込んであるだけですが重宝しています。

ドリンクホルダーはドアに設置しています。

953_1.jpg 953_2.jpg 953_3.jpg 953_4.jpg 953_5.jpg



Re: センターテーブル?  kazudeli@神奈川 - 2006/04/01(Sat) 20:06 No.954   HomePage

歪さん、こんばんわ(^^)

取付ビスは長めのドライバーでなんなくでしたよ〜!
LEDをボールペンの軸に・・・ナイスアイデアですね〜。
kazudeliもLEDの自作にチャレンジしよっかな〜!


Re: センターテーブル?  まるちゃん@飛騨高山 - 2006/04/02(Sun) 07:38 No.955

まいど〜みなさん

ボールペンの軸とは凄い案ですね〜
これ使えますね
LEDの催促も了解〜

今ある事しようと思ってドリンク・ホルダー外してますが、
余って邪魔だったドリンク・ホルダーの設置場所を思いつきました。

歪さんの画像4の所にあるスイッチは、もしかして自爆スイッチですか?


Re: センターテリブル?   - 2006/04/02(Sun) 23:17 No.958

まるちゃん@飛騨高山さん、どーもー。

> 歪さんの画像4の所にあるスイッチは、もしかして自爆スイッチですか?
この写真のですか?
これ、樹脂パネルを止めてるものじゃないでしょうか。
ハンドルを上下させるレバーの部分で普段は見えない所なので
写真に撮るまで気が付きませんでした。

958_1.jpg



Re: センターテーブル?  PF8W@おうち - 2006/04/04(Tue) 01:14 No.959

こんばんは。

まるちゃんさん>
>歪さんの画像4の所にあるスイッチは、もしかして自爆スイッチですか?

これ、確か室内のサーモセンサーだったような?
まるちゃん号はSEだから付いていないはずですよ。


Re: センターテーブル?  まるちゃん@飛騨高山 - 2006/04/05(Wed) 22:58 No.962

こんばんは〜PF8Wさん

あの黒いとんがっているやつは、サーモセンサーですか、知りませんでした。
本日確認した所、やはり当方車両には付いておりませんでした。
ダミーのセキュリティーのスイッチ類でも増設するには、格好の場所ですね。





LLC交換の手順  投稿者:kazuhiko 投稿日:2006/03/27(Mon) 21:07 No.935   HomePage

こんばんは。平成7年SGに乗っているkazuhiko(ヒコ)です。

本日は、kazukazu(カズ)さんとプチ整備オフ。カズさんのシャモニーのメンテナンスです。
作業内容は、前後のデフ&トランスファーのオイル交換と、LLC(冷却水)の交換をしました。

LLC交換の手順を紹介します。
整備書の手順とは少し違いますが、おおよそ正規の手順に準じています。

<用意したもの>

2800ディーゼル、デュアルヒーター車で、冷却水の総量は11リットルとなっています。
温暖な静岡県では、冷却水が凍る心配はありませんが、せっかくの4WD車ですから、冬にはスキー&スノボに出かけたいもの。ということで、−20℃でも安全な程度(40%前後)に濃度を調整します。
LLCは濃度93%のものを3本用意しました。(2リットルで約450円×3本) ※使用量は5リットル。

<準備>

◆走行直後は高温で危険なので、しばらく冷ましてから、作業開始します。
◆オイル交換と同様、アンダーガードを外しておきます。(工具:+ドライバーと、12・14ミリのソケット又はめがね)
(前期型シャモニーに標準装備のスキッドプレートを外すためには、13・17ミリのソケット又はめがねレンチが必要です。※+ドライバーは必要なし)

<冷却水の抜き取り>

(1)冷却水の温度がある程度冷めている状態で、ラジエターキャップを外します。このとき、火傷防止のために、ウエスなどで手を保護してください。

(2)ラジエターのドレーンプラグを緩め、ラジエター内の冷却水を抜き取ります。
ラジエターの右端(運転席側)から、ロアホースが出ていますが、その付近に、プラスチックの蝶ねじみたいのがあります。素手で緩まないときは、プライヤーなどで廻します。
※完全に外さないように。緩めるだけでOKです。プラグを外してしまうと、勢いよく飛散します!
※ラジエター本体から抜けるLLCは5〜6リットル。大き目のバケツか、たらいで受けましょう。かなり広範囲に飛散します。

(3)タービン後部にある、シリンダーブロックのドレーンプラグをはずし、ウオータージャケット内の冷却水を抜き取ります。緩めるだけではなかなか抜けません。
約3〜4リットルのLLCが排出されます。かなり広範囲に飛散しますから、必ず逃げる体制で作業します。
(場所がわかりにくいとか、手が入らないなどの作業困難な場所ですから、ここは省略しても構いません!!)


<つづく>

935_1.jpg 935_2.jpg 935_3.jpg 935_4.jpg



LLC交換の手順(2)  kazuhiko - 2006/03/27(Mon) 21:11 No.937   HomePage

<つづき>

(4)冷却水が抜けたら、ラジエター・エンジン側ともにドレーンプラグを閉めた後、コンデンスタンクに水道水のホースで、少しずつ水を補給します。
※本来は、ラジエター側のアッパーホースをはずし、フィッティング部より水道水をホースで注入し、冷却水の通路を洗浄するのですが、インタークーラーが邪魔だし、アッパーホースを引き抜くのが面倒なので、コンデンスタンクに直接、ホースで水を入れました。あまり勢いよく水を出さないように。

(5)エンジンを始動させ、前後ともヒーターを全開にして冷却水を循環させます。

(6)水温計の針が上昇し始めたら、ラジエター側のドレーンプラグを緩め、水を排出しながら、コンデンスタンクにはホースで水を補給し続けます。水を流すことで、冷却水経路を洗浄します。
ラジエター側のドレーンから排出される水が、無色透明になったらエンジンを停止。

(7)ホースの水を止め、ドレーンプラグから排出できるだけ水を抜き取る。(エンジン側も抜くとよい)

(8)排出が終わったら、ドレーンプラグを確実に締め付けます。
ラジエター側のプラグにはシールテープを巻きました。 
エンジン側のドレーンプラグには、銅ワッシャーのようなドレーンパッキンが使われています。できれば新品のパッキンに交換したいものです。(日産の小型車用のエンジンオイルのドレーンパッキンが同サイズです)

(9)コンデンスタンクより冷却水の原液(93%)をゆっくりと注入する。最初は、2リットルの容器2本くらい入ります。

(10)再びエンジンを始動してエアー抜きをする。エアーを噛んでいると、泡が出てくることもあります。
セパレーターボックスのプラグ(バッテリーの奥側上のほうに空調の吸気口がありますが、その左側にプラスチックの六角ねじがあります。12ミリ)、ラジエターキャップをはずした状態で、エンジンをアイドリングします。(前後のヒーターは全開にしておく)
エアーが抜けてくると、コンデンスタンクの液面が低下しますから、LLCを補給します。規定量のLLCを入れて後、更に補水が必要な場合は、水道水を補給します。
水温計の針が上昇し始めてから、10分くらい経ったらエンジンを停止。

(11)エアー抜きが終わったら、セパレーターボックスのプラグ締め付けます。この部分は、樹脂のネジですから、無理に締めすぎないように。シールテープを巻いてから軽く締めるといいです。

(12)足りない場合は、水道水をコンデンスタンクのFULLラインまで入れます。
  
(13)ラジエターキャップを確実に締め付けます。

(14)アンダーガードを元通りに取り付けて、終了。

937_1.jpg 937_2.jpg 937_3.jpg 937_4.jpg



LLC交換の手順(3)  kazuhiko - 2006/03/27(Mon) 21:13 No.938   HomePage

<補足説明>

エンジン側のドレーンプラグは非常にわかりづらい位置にありますし、作業しづらいので、省略しても構わないです。この場合、ラジエター側のドレーンから排出できる量は、5〜6リットル程度。冷却水の総量のおよそ半分くらいです。(エンジン側も排出した場合は全体で8〜9リットル抜くことができる)

市販のLLCは、50から80%くらいの濃度のものが売られています。冷却水の全量を抜くことができないために、水で洗浄した場合は、中に真水が残ってしまうため、濃い原液を入れて、濃度を調整するという方法をとります。

今回は、エンジン側のドレーンプラグも排出しましたが、うまく緩めることができない場合を想定して、93%のLLCを用意しました。万が一、5リットルしか抜けない場合は、80%のLLCでは、目標の濃度に達しないからです。
今回は、93%のLLCを5リットル使用しました。計算上、濃度は43%くらいになります。マイナス23度くらいまでOK。

※LLC(ロングライフクーラント)は、「産業廃棄物」に該当します。主成分であるエチレングリコールが環境負荷物質に指定されていて、回収の対象となっているため、無闇に破棄することはできません。廃棄には注意が必要です。ラジエターから抜いた廃液は、自動車整備工場などに相談して、引き取ってもらうようにしましょう。

※DIYで作業を行う場合は、自己責任でお願いします。

938_1.jpg



Re: LLC交換の手順  youki - 2006/04/02(Sun) 10:47 No.956

こんにちわ、V26パジェロに乗っているyoukiです。

本日、天気が悪化する前に、LLCの交換を行いました。

今回は、オイルクーラー部分からドレンを行い、大体8〜9L程度抜き取りました。
始め、アンダーガードを外さず行うつもりでしたが、ラジエタードレンプラブは特殊?
工具により緩める事が出来ましたが、うまくクルクル回せず、(手が肥満化??したか)
あきらめて、アンダーカバーを外し、ドレンしました。

(どうしても、地面がLLCや水で濡れる為、下回りには入りたくなかったのですが、
今回は、せっかくなので、オイルクーラー部分からもドレンしました。)

今までは、ラジエター部分からのみ、ドレンしていましたが、今回は自分では、大きな
手間でもなく、入れ替え出来ました。

きっかけを作ってくれた、ひろしさん及びに、kazuhiko、kazukazuさんに感謝します。

LLCの汚れは、定期的(1〜3年)に交換している為、あまり汚れはなかったと思います。
(気候的にも、若干有利??かな)


Re: LLC交換の手順  kazuhiko - 2006/04/02(Sun) 16:52 No.957   HomePage

youkiさん、こんばんは。kazuhikoです。

私も、今回はじめてエンジン側のドレンを抜いて排出しました。
整備書の図を見ても、実際に車の下にもぐってみると、どこだったか?
迷います。やっと場所がわかっても、どうやってアクセスする?
手が届いても、工具を振るスペースの都合やら、力が入りづらいとか…

一番厄介なのは、頭の上にLLCをかぶってしまわないように、迅速に
避難すること…

今回は、kazukazuさんのSGが2インチアップだったことで、車の下の
クリアランスが広くて、動きやすかったのですが、ノーマル車の場合、
ジャッキアップして、ウマに乗せるなどしないと、最悪、頭上にLLC
がふりそそいでしまいます。

かなり広範囲に飛散するので、排出したLLCは、たらいで受けました。





[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150]



投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 削除キー

ページ掲載の画像の一部、または全部を著作権法の定める範囲を越え投稿者に無断で複製、転載することを禁じます。

1発言で画像10枚まで、トータル2Mbまで投稿出来ます。
1枚の画像は大きくとも1920pix程度に抑えてください。
画像のリサイズは Windowsの方でしたらフリーソフトの縮小専用をお薦めします。





Back to Top

MORIMORIスペースギアのページへ戻る




- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y20 :Edit by Yamamoto -
- Tomokun_ver20050204-thb : Edit by tomokun -
- resize.pl - -守宮