-Delica乗りの画像UpBBS-
ここはスペースギア乗りの工夫・知恵の結晶が残るDIY中心のBBS。
お気軽にDIY・修理・改善等の画像をUPして下さい。
車の画像は、[愛車紹介画像BBS]も併せてご利用ください。


[デリカのページ] [デリカBBS] [愛車紹介BBS] [デリカD5(D:5) BBS] [スペースギア・デリカD5燃費アンケート]
[新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

*--- コメント一覧 ---*
 P1 カーテンランナー  ■グロープラグの点検  ■おかしくなった水温計動画  P2 サビとの戦い  ■このBBSの改善を若干行いました。  ■切り返すとカッ!と異音がする  P3 リア ロアアーム ブッシュ 交換  ■安全確認カメラ  ■デリカ用フロントロアボールジョイントとパジェロ用の...
 新着の期間  [全ページの表示]  [目次OFF]  [新着一覧
Googleエンジンを使ったBBS内検索 → 〔デリカBBS10000〕 〔デリカBBS〕 〔デリカ画像BBS


・・・枠のある画像はクリックすると拡大表示します・・・


リアロアアーム交換  投稿者:kazuhiko 投稿日:2009/05/06(Wed) 15:00 No.2685

皆さん、こんにちは。富士山麓に住んでいるkazuhikoです。
連休中は、お友達と一緒にキャンプをしておりましたが、昨日(5日)は、
雨の中、プチ整備オフとなりました。

松本の某氏の整備は、別の記事に紹介していますので割愛しますが、
※ボールジョイントにグリースニップルを施工 の記事
https://com.sgd4.com/pbbs/#getno2617

大阪から富士山の麓までお越し頂いたお客様は、manateeさん。
何インチUPしているのかよく判りませんが、とにかく巨大なSGです。
2とか、4のレベルではないですね。

こんな巨大なリフトUP車をいじるつもりなど、当初はなかったのですが、
結果的に、作業を進めてしまいました。

キャンプをしていた2日間は天候に恵まれたのですが、整備オフをやった
5日の朝から、ポツポツと雨が降り出しましたので、当初予定していた富士川の河川敷での
作業は諦め、でも、せっかく遠方からお越しいただいたので、場所を、建設中の
第二東名の高架下(公園の駐車場となっています)へ移動。
雨に濡れることなく無事に作業は終了しましたが、これだけ大きな車を
分解していると、一種異様な雰囲気です。

作業内容としては、
・リアロアアームの交換
・リアコイルマウントスペーサーの挿入
・リアスタビリンクの延長ブラケット取り付け
・ラテラルロッド(調整式)の調整
・LSPVのかさ上げ

当初は、ロアアームの交換は考えておりませんでしたので、コイルマウントスペーサーの
挿入作業に取り掛かったのですが、ロアアーム前側の部分にウマを掛けて、
コイルを抜いた、その時点で、
manateeさんが、実は、ロアアームも持参しているんですと…

キャンプの荷物を満載して、更に工具のほか、交換用のロアアームまで積んでくるとは…
恐るべし。完全に、確信犯ですね。

昨年、YUJI@静岡さんに作っていただいた、ウマの延長用ロング支柱を
用意してはいるものの、これは、ノーマル車高〜2インチUP程度までのSGの、
リアのフレームに直接載せることを想定したもので、この巨大なSGのフレームに、
届く訳ないと、首を振ってみたのですが、ここで妙案が。

manateeさんの説明によると、リアのヒッチメンバーは、フレームに溶接されているので、
強度的には大丈夫だし、ヒッチメンバーの分、支点の位置が低いから、
ここに掛ければ、車体ごと持ち上がるはず、とのこと。

確かに、ギリギリ届きました。かろうじてですが…

2回りも、3回りも大きなタイヤをつけたまま、タイヤが完全に浮く程は
上げることができませんが、ジャッキUPして、タイヤを外してからウマに載せることで、
作業可能な状態になります。

ウマに載ってしまったら、ロアアームの後側ボルトを抜いて、コイルだけ
落として抜いてしまい、あとは、ロアアームの前側ボルトを抜いて、ASSY交換するだけです。

その後、ロアアームASSYを、前側だけ取り付けたら、コイルマウントスペーサーの
挿入に取り掛かります。

一度にこの高さまで、8UPキットなどでリフトUPされた車両ではなく、
継ぎ足し、継ぎ足しの高層化。コイルとフレームの間に入っているスペーサーや、
ソーサーは何階建??

ひとつひとつ分解していきますが、これまた手が入らないとか、重たいとか、
工具が掛からないとか… 3人がかりで、手分けしてやっとの施工でしたが、
お昼頃から作業を施工して、夕方まで、5時間くらいは掛かったでしょうか。

仕事を終え、午後から合流したtomi@静岡さんご一家も交え、男共は車いじり、
奥様と子供たちは、キャンプの2次会? 3次会? とても賑やかな整備オフでした。

2685_1.jpg 2685_2.jpg 2685_3.jpg 2685_4.jpg 2685_5.jpg 2685_6.jpg



リジットラック  kazuhiko - 2009/05/06(Wed) 15:24 No.2686

ここで、作業に使ったリジットラック(ウマ)について、紹介します。

私が普段使っているウマは、3トン用の、ごく一般的な市販品です。
2種類(黄色と赤いやつ)使い分けていますが、最大高はどちらも490ミリ程度
ですから、高さ的には同等品です。
見た目にも、赤い方がしっかりしていそうで、重量が重たいフロントの整備には
こちらを使っていますが、リアの作業では、ロアアームを支点として持ち上げる際には、
黄色の、やや細身のウマが必要になってきます。

というのも、メーカー指定の支点になっているロアアーム前側のポイントは、
ロアアームの軸に直接載せるために、受皿の巾が50ミリ以内でなければ、
中にはまりません。


もうひとつ紹介します。今回使用した、延長用のロング支柱について。

当初は、前述したとおり、ノーマル車高〜2インチUP程度までのSGの、
リアのフレームに直接載せることを想定したもので、今回のような高層化SGには
対応しておりませんが、市販のウマの脚部を使用して、支柱だけ差し替える
ことができるように、YUJI@静岡さんに作っていただいた、特注品です。
さすがに、静岡の匠と呼ばれるだけあり、市販品よりも溶接もきれいで、
腐食防止にローバルを施していただくなど、さすがは本職です。

脚部は市販の3トン用のものなので、高さを増した分に対応するだけの
安定性を考慮して、脚部の加工も検討してはおりましたが、現時点では、
未施工です。

そのため、車両のトレッド(巾)方向に対して、出きりだけ幅広くウマとウマの
間隔を大きく取ることで、使用に際しての安定性を考慮しております。

2686_1.jpg 2686_2.jpg 2686_3.jpg 2686_4.jpg 2686_5.jpg



Re: リアロアアーム交換  manatee@大阪 - 2009/05/07(Thu) 01:52 No.2688

kazuhikoさん、こんばんは。
今回はいろいろと無理を承知でお願いしてしまい申し訳ありませんでした。
それにしても楽しい作業でした。(笑
「確信犯」とはまさに「核心」を突いたお言葉です。(爆
あの箱ですが、玄関脇に置いてあったのですが、出発直前に家内に「邪魔だから片付けて。」と言われ、
「もしかしたら」と言う淡い(甘い?)期待と共にラックに積み込んで行きました。(汗

当方のSGはロングですし、装備的にもかなりの重量級なもので、ロアアームのブッシュのへたりに関しては以前より気になっておりました。
たまたまコントロールアームとセットで左右あわせて¥1600で購入できたモノです。
元々装着されていた車両はPA系の2WD車ということで、車重も比較的軽いので、
へたりに関しては少ないだろうと予想していましたがそのとおりでした。

リフトアップに関しましては、ハートランド4インチアップブロックに輝オートの30ミリスペーサー、ハートランド1インチブロック、ダカール製40ミリソーサーで合計7.5インチ相当となりますが、
コイルを純正にこだわっている為、コイルのへたりを考慮しますと6インチ弱と言ったところでした。
今回、25ミリを追加したので合計で6インチ少々と言ったところでしょうか。
ロアアームの角度を見ますと、通常の2インチアップの車両とほぼ同じ感じですので、その程度と思われます。

現在、285/75R16サイズのタイヤを装着しており、これを使用可能とするためにはフロント側が4インチアップでは無理があるためにトーションバーを絞り、更に車高を上げてクリアランスを稼ぎますが、
後ろとのバランスを考えると限度があり、先日までの仕様では
後退時のフルステア時やブレーキングしながらのハンドル操作時に
タイヤがマッドフラップに干渉する為、あと1〜1.5センチ上げたかった為、
今回のスペーサー挿入となった次第です。
また、純正コイルは特にロング車はその重量から尻下がりが顕著に現われるようで、
装着時にはコイル単体の自由長の1/3程度まで収縮しています。
ですが、やはり純正コイルの乗り心地の良さは捨てられずにこだわっている訳です。
今回の施工時にこの「尻下がり」に対処する為のネタも仕込むことが出来ましたので
うまく行くかは不明ですが完成報告できますように頑張ります。(汗

画像をご覧になり、リヤダブルショックが2本ともビルシュタインだと硬すぎるのではないか?と思われる方もいらっしゃると思いますが、
ロング、リフトアップ、ノーマルコイルという条件であれば
「硬い」と言うことはありません。
むしろシングルショックではビルと言えどもパワー不足のようです。
この仕様になって、高速ICのようなコーナーでもロールも少なく非常に安定して旋回できます。
リヤスタビライザーはノーマルで充分です。

天候不順のなか、作業をしていただいたkazuhikoさん、まさやさん、tomiさんありがとうございました。
次回参加時にも何かを「確信的に」持って行こうかと・・・(爆



Re: リアロアアーム交換  kazuhiko - 2009/05/07(Thu) 20:19 No.2689

maneteeさん、こんばんは。
無事に大阪までお帰りになれたようで、何よりです。
帰りの高速渋滞は、如何でしたか?

車の足回りをいじっていて、一番心配なのは、施工ミスがなかっただろうか?
無事に帰りついただろうか? そんなことですね。

3日間の、キャンプ&整備と、まるで合宿のような日程でしたが、さすがに
皆さん、お疲れのことと思います。

足回りの整備に関しては、場所や工具、時間的な都合もありますので、
キャンプの日程とずらして、1日の余裕が欲しいところです。
次回も、プラス1泊の日程かな??(爆)

では、次回は「流しそうめん」を楽しみましょう。


フロアジャッキ  kazuhiko - 2009/05/08(Fri) 19:08 No.2690

こんばんは。kazuhikoです。

今回の作業に使った工具等で、投入した特殊なものとしては、リジットラック(ウマ)
以外に、フロアジャッキ。

以前から使っていたのは、画像で紹介する、赤いジャッキ。最大能力2.5tのものです。
スターワゴン(SW)に乗っていた頃、10年ほど前から使用しています。

最近購入したのが、黒いジャッキで、最大能力3.5tのものです。

SGのロング車で、リフトUPして、ルーフラック装備で、キャンプ道具等を満載…
2トン超えは間違いありませんが、2.5tに迫るくらいの重量級です。

以前、お友達のロングSGを整備した際に、車体以外には重量物はあまり装備
されていない車両でしたが、それでも、2.5tのジャッキでは、能力的に
余裕がなかった経験があり、油圧作動油の補充等も行いましたが、結局、
1クラス上のジャッキを購入しました。

今回の作業で、新しいジャッキを使用するのは2度目ですが、重量は47kgもあり、
さすがに、持ち運ぶには、ちょっと重たいです。

<比較>

●赤いジャッキ 大橋産業 マンモス
・最低高 135mm
・最大高 495mm
・最大能力 2.5t
・全幅 335mm
・全長 600mm
・重量 31.3kg

●黒いジャッキ ARCAN LX35
・最低高 89mm
・最大高 543mm
・最大能力 3.5t
・全幅 356mm
・全長 699mm
・重量 47kg

以前使用していたジャッキでは、高さ490mmのウマに載せることができずに、
画像のように木片を加工して、ジャッキアダプターを作製して使用しておりました。

黒いジャッキは、最大高543mmですが、ローダウン対応の仕様で、
最低高さが89mmと、稼動域が大きくなっています。
これだけ稼動域が大きいと、ジャッキUP作業が大変かと思いましたが、
ダブルシリンダー採用で、負荷が掛かっていない場合は、ワンアクションでの
リフト巾が大きく、空荷でジャッキポイントまで届くまでの間は、かなりスムーズですし、
ロングSGを持ち上げても、ギシギシと悲鳴を上げることなく、容易に持ち上げる
ことができました。

それにしても、重たいです。

他に、今回の作業では、車載ジャッキを2台使用して、合計3台のジャッキを
活用しています。

※ジャッキUP作業は、平らで舗装された場所、輪止めの使用を前提とします。

2690_1.jpg 2690_2.jpg 2690_3.jpg






車高UPとリアスタビライザーの補正  投稿者:kazuhiko 投稿日:2009/03/22(Sun) 17:34 No.2636

皆さんこんにちは。静岡県に住んでいるkazuhikoです。
昨日は、ご近所さんと整備オフ。場所は、国道1号線の新富士川橋下の河川敷(静岡市側)です。

今回のお題は、YUJI@静岡さんのSGを、車高ダウンさせること。
旧tomi号として使われていた当時、2.5インチほど車高UPさせておりましたが、
高齢のご両親の乗降を考え、車高を少し下げようというもの。

新YUJI号は、既にスライドドア側の乗降が容易に出来るよう、左側の
サイドステップを、後席側だけダウンさせる「段違い平行棒化」や、
乗降時に足が掛けやすく、滑りにくいように、アルミ縞板でステップを加工(画像)
してありますが、今回の作業で更に乗降性を改善しようというもの。
※画像は、YUJIさんのブログから拝借しました。

リアは、施工前は、リンエイのレッドスネーク(2UP対応)→1.5程度にへたれ
プラス、コイルマウント部に25ミリスペーサーで、あわせて2.5インチほど
車高が上がっていましたが、社外コイルを抜き、純正コイルに換装。
作業そのものは、リアのロアアーム前側にウマを掛け、ロアアームのボルトを
抜いて、アームを落とすことで、コイルを抜き、入れ替えます。
スプリングコンプレッサーを使用するよりも、安全で確実ですが、難点は、
アームを復元する際に、そのままジャッキでホーシングを上げても、斜めに
なってしまい、上手く収まらないこと。
対策として、フロアジャッキのほかに、車載ジャッキを2台使い、デフ角を
微調整しながら、バールやシノを活用して、組んでいきます。
※こちらのデリカBBSで、大阪の某氏にご教授いただいた方法です。

こういう作業は、一人でやるとかなり手こずりますが、2人でやると、
作業性は飛躍的に向上します。

2.5インチUPしていた頃は、リアのスタビライザーの取付位置には、
200系ハイエースのFスタビリンクを流用して、純正の取付位置よりも
5センチほどダウンさせて補正しておりました。
※岐阜の某氏が提供してくれました。

しかし、純正コイル+25ミリスペーサーにしてしまうと、ハイエース用の
スタビリンクでは長すぎるし、かといって、SG純正に戻してしまうと、
今度は長さが足りず。

スタビライザーというのは、本来、直進時にはフリーに近い中立した状態で
取り付けてあるのが望ましく、車体がロールしたときに、はじめて効き始め、
横方向の力に対して踏ん張るように作られています。

今回は、YUJIさん自作による、30ミリダウンブラケットを、SG純正の
スタビリンクと組み合わせて取り付けました。

およそ1インチUPのSGのリアスタビライザーの補正には、いい感じです。
さすが、静岡の匠!

リアの車高が決まったら、フロントは強化トーションバーを抜いて、純正の
トーションバーに入れ替え、リアの車高にあわせて若干絞り上げます。

強化アンカーアームガイドも取り外して、純正加工品に付け替えましたが、
こちらも、YUJIさんオリジナルの加工品で、強化品と同様に、脱落防止の
フランジを溶接加工してあります。自作強化品という具合かな。

前後のスプリングを純正品に交換したことで、今までのゴツゴツとして
不快だった乗り心地が、改善されたようですし、若干車高を落としたことで、
コーナーでのふらつきも解消したので、乗りやすくなったとは、ご本人の談。



その後、YUJI号から取り外した200系ハイエースのスタビリンクを使って、
今までRスタビレスだったtomiロングに、純正のリアスタビライザーを取り付け。
2〜2.5インチUPのtomi号には、ぴったりで、無加工で取付完了。

ロング用の純正スタビライザーではなく、ショート(クリスタルライトルーフ用)の
リアスタビライザーなので、若干細いのですが、ないよりは、付いているほうが
はるかにロールは抑えられるはずです。


2636_1.jpg 2636_2.jpg 2636_3.jpg 2636_4.jpg 2636_5.jpg



Re: 車高UPとリアスタビライザーの補正  YUJI@静岡 - 2009/03/23(Mon) 21:27 No.2637

kazuhikoさん、皆さん、こんばんは。
土曜日は、有難う御座いました。
お陰で運転し易く、尚且つ両親にも優しい
SGに変身する事が出来ました。
私には、これ位が丁度良いです(^_^)

折角ご紹介頂いたので、純正加工の
アンカーアームガイドの画像を貼っておきますね。
あと、車高を落とす前のリアと落とした後のリア。
スタビリンクダウンブラケットの画像も。

2637_1.jpg 2637_2.jpg 2637_3.jpg 2637_4.jpg



Re: 車高UPとリアスタビライザーの補正  kazuhiko - 2009/03/28(Sat) 18:15 No.2649

調整式延長スタビリンクを試作していますが、試行錯誤中…

SGの純正Fスタビリンクは、ネジ加工するには短すぎたため、他車用を
取り寄せ、加工してみました。

思索中…
 試作中…
  施策中…

実車への装着は、まだ先の話です。


2649_1.jpg 2649_2.jpg 2649_3.jpg 2649_4.jpg



ネタばらし 3UP施工完了  kazuhiko - 2009/04/24(Fri) 04:43 No.2671

おはようございます。
コソコソと、車高UPのための補正パーツを自作していたkazuhikoです。

何を隠そう(別に隠していませんが…)、車高UPのための各種自作パーツの
集合体が出来上がりました。

お車は、お友達のkazukazuさんのH7年PE8W 96型シャモニー。
施工前の状態 … 前後2インチUP
施工後 … 前2.5UP  後3UP

今回の施工の主題は、リアコイルマウントに、30ミリのスペーサーを挿入して、
3UP化することでした。
とはいえ、バネと減衰器だけが車高UPしても、それに伴う各種補正が
必要なのは、十分承知しているので、その対策準備をしていました。

●リアの 30ミリスペーサーは、埼玉の某工房から。アルミ材質です。

●リアスタビの、スタビリンクの補正には、kazuhiko自作の30ミリブロックと、
静岡の某工房から、30ミリ延長ブラケットの組み合わせで、60ミリ延長して、
純正のスタビリンクを装着。
アーム角度、スプリングのたわみ量から考えると、フレームから真下に
延長するよりも、やや後方にオフセットする必要があったかもしれません。
今後の、検討課題です。

●ラテラルロッドは、静岡の某工房による加工を施した、他車用の流用。
エスティマTCR10G用を、自作でTCR10W用に延長加工した中古品を
格安で手に入れ、更に延長して、SGの2ダウン〜6UP程度の範囲で対応できるように
加工したもの。
車体への取り付け部の形状加工および塗装は、kazuhikoによる加工。

<参考値> 
※取り付けボルトの中心から、もう片方の取り付けボルトの中心までの距離です。

・SGの純正ラテラルロッド 1056mm
・加工後の調整式ラテラルロッドの調整範囲 1040〜1090くらい
(最大値付近は、ボルト山の掛かりが10ミリ程度になってしまうので強度弱し)
・補正量 1インチ上下するごとに、5〜6ミリ、UPは長くし、ダウンは短く
※純正長に合わせて、実際の車両に取り付けた後、ジャッキアップして長さを調整する。
・加工ベースとなったTCR10Wエスティマのラテは、純正長990ミリのため、
SG用に流用するには短く、加工が必要。
また、取り付け部分は左右ともループだが、片方はM20用のため、カラー挿入、
ならびに、取り付け部ブッシュの厚みが不足しているので、M20 外径40mmの
ワッシャーを重ねて挟み込むことで対応。


●フロントスタビリンク
100系ハイエースのフロントスタビリンクを加工して作成。SG純正より
50ミリ延長した長さに相当。

※無補正では、フロントアンダーガードにスタビライザーが接触して、
懸架装置としての役割を果たしておらず。
懸架装置が他の部品と干渉した状態では、車検は通らないので、干渉する部品の
撤去若しくは、適正な補正が必要です。
※アンダーがードがなくても車検は通せます。

フロントは、強化トーションバー絞りのため、絞りすぎによる弊害を懸念して、
3UPまでは至らず。実質的には、2.5UPに留めた形です。
そのため、50ミリ延長のスタビリンクは、やや長い感じがあります。

2671_1.jpg 2671_2.jpg 2671_3.jpg 2671_4.jpg 2671_5.jpg



Re: 車高UPとリアスタビライザーの補正  kazukazu - 2009/04/24(Fri) 14:32 No.2672

kazuhikoさん、こんにちは。昨日はお疲れ様でした。
当初の予定を1日ずらして正解の良いお天気に恵まれて絶好の車いじり日和でしたね!

さてさて、かなりトーションを絞ったからか突き上げ感があり、なじんでくるまでの辛抱かな?と思っております。

自分では大掛かりな工具も無いのでレッツDIYとは行きませんが、こうして雑談しながら施工するとおのずと車の構造等も理解でき楽しかったです。

以前は感じませんでしたが、こうして見るとタイヤが小さく感じますね・・そろそろ、タイヤも交換を迎える頃。一回り上を目指してみようかな?

某氏へのお礼は直メールさせて頂きました!

それと、例の対策ボルトは早速注文掛けました。



ただいま  kazuhiko - 2009/04/29(Wed) 23:51 No.2676

kazukazuさん、こんばんは。

北海道まで行っておりましたが、無事に帰着しました。

画像は、北海道ではなく、青森県の八甲田山にて。
今朝の光景です。

雪の回廊は、高いところでは5m近くあったかな?

2676_1.jpg 2676_2.jpg



Re: 車高UPとリアスタビライザーの補正  まさや@松本 - 2009/04/30(Thu) 19:00 No.2677

kazuhikoさん おかえりなさい
久しぶりの帰省はいかがでしたか?

ゆっくり身体を休めてくださいね


思いっきり走りました  kazuhiko - 2009/04/30(Thu) 21:11 No.2678

まさや@松本さん、こんばんは。遊び呆けたkazuhikoです。

今まで北海道へ車で走った強行軍の中でも、最も距離数が多かった渡道でした。

津軽海峡フェリー(東日本フェリーの撤退により、道南フェリーが両社の
船を動かしている)に乗り、函館に上陸して、私の故郷である道央を目指します。
乗船するときには、隣にD:5がいましたが、誘導の係員に、「デリカの後ろに並んで」
と言われて、デリカ?? と違和感を感じてしまった私って… 
D:5もデリカでしたね。

※SWに乗っていたときは、SGはデリカではないと思っていた自分です。

今回の大雪は、南から押し上げられてきた低気圧の影響のため、南東の方面に
山がある地域、冬季には豪雪地帯となる地域では、雪にはならなかったようです。
私の故郷も、道内有数の豪雪地帯ですが、今回は雪にならず、ここで1泊して、
道東へ移動の予定を延期。

翌朝(27日)、道東へ向かって出かけましたが、ナビをセットすると、
面白いコースを選択してくれます。降雪の気象情報など理解しないナビが案内するのは、
山岳超えのショートカットルートばかり。「馬鹿か!お前は!!」と思える。
夏場なら、近道だねと笑って済ますところですが、冬の北海道のルート選択としては、自殺行為。
(でも、結局走ってしまうんだな。)

トンネルの写っている画像は、今は国道ですが、私が住んでいた当時は林道でして、
営林署に勤める叔父が、職権でゲートを開けて、走ってきたようなルート。

この時期、春まだ浅い北海道では、夏タイヤに履き替えた車は多くても、
まだ「冬走り」をしているドライバーが多く、「夏走り」とは違う運転モードで
地元ドライバーは走っています。

基本的には、車間距離をあけて、コーナリングはソーイング走法を取り入れ、
急発進などはしないのですが、ここに、ひとつ落とし穴が…

と言うのは、北海道の「夏走り」「冬走り」を区別できるドライバーは、
全員ではないと言うこと。我が家の姉もそうなのですが、冬走りのできない、
冬季には冬眠して過ごす、夏だけのドライバーがいるのです。

つまり、冬走りをしているドライバーは、冬道のベテラン揃い。
内地で運転している私なんかとは、格が違います!

4枚目の画像は、国道38号線。富良野から帯広へ向かう途中。
これでも精一杯なのですが、前を走る車は見えなくなっていきます。
ですから、道内では、後に追いつかれたら、即路肩に退避して、道をあける
心がけでおりました。

内地ドライバーが道内で嫌われる理由のひとつに、道路事情がわかっていないくせに、
無理に飛ばしたり、逆にのろのろ運転で目障りだから!

私も、恥ずかしながら内地のナンバーをつけて走っていますので、できるだけ
道を譲って走ることに努めた次第です。というか、ついていけませ〜ん。

画像5枚目は、道央の富良野市(空知川)
画像6枚目は、道東の標茶町



2678_1.jpg 2678_2.jpg 2678_3.jpg 2678_4.jpg 2678_5.jpg 2678_6.jpg



Re: 車高UPとリアスタビライザーの補正  YUJI@静岡 - 2009/04/30(Thu) 22:15 No.2679

kazuhikoさん、お帰りなさいませ。
お疲れ様でした。

季節外れの悪天候?を逆手に取った見事な写真ですね。
自分も行った気になってしまいます。


Re: 車高UPとリアスタビライザーの補正  toyo - 2009/05/03(Sun) 10:31 No.2681

北海道はいいですね。

私も、今年の夏は、知り合いが多い道東に行こうと思っています。

しかし、最近、長旅は、SGのトラブルが心配です。


Re: 車高UPとリアスタビライザーの補正  酋長 - 2009/05/04(Mon) 01:44 No.2682

Kazuhikoさん、ご無沙汰しています。
そして、長距離運転お疲れ様でした。

それにしても、Kazuhikoさんでも道を譲るくらいの運転技術って...オイラには想像もできないです。
f^_^;

私も3日〜5日にかけて、山形〜秋田〜岩手に出没予定です。4月から仕事の都合で平日に愛車に乗ってあげる時間が減ってしまいましたので、GWはタップリと乗ってあげたいと思います。

次回お会いできるまでに、

『こんなとこイジったの??考えたねぇ〜。』

な〜んて言ってもらえるようなイジイジが出来るように頑張ります!!
p(^^)q


※リアアンダーミラーを、ベンツのミラーと交換してみました。おもいっきり自己満足です。
f^_^;

2682_1.jpg



Re: 思いっきり走りました   歪@老齢標準車 - 2009/05/04(Mon) 12:14 No.2683

kazuhikoさんらしいレポ楽しく拝見しました。
津軽海峡を渡る高速フェリー"なっちゃん号"とやらが
運行停止になりフェリーが激混みになるかと思ってい
ましたが、現実はどうなんでしょうかね。

私は秋に二回行ってますが、帰りのフェリーは夏を
牧場で過ごした競走馬達の小便でえらい臭いがして
いました。

北海道、また行きたい憧れの地です。


酋長さん、このミラーをボンネット先端に付けてアンダー
ミラーにしたら狭山の某氏並に神になれたのに。



まとめ  kazuhiko - 2009/05/06(Wed) 15:54 No.2687

YUJI@静岡さん、
toyoさん、
酋長さん、
歪さん、こんにちは。

皆さん、レス有難うございます。

大型連休の前後、静岡は最高気温が25℃を超える夏日となったり、初夏の陽気でしたが、
北海道は雪が降っておりましたし、本栖湖はまだ桜が咲いておりましたし…

日本は四季の移ろいが美しい国です。

そんな季節感を味わいながら、東西南北、海に山に、長距離の移動も苦にせずに
移動できる、そんな魅力のある車が、デリカでしょうかね。

元のスレッドとは話題が脱線してしまいましたが、ご勘弁を。

※画像は先日、本栖湖でキャンプしたときのもの。

2687_1.jpg






カーナビの電源ダウン  投稿者:kazuhiko 投稿日:2009/05/01(Fri) 19:15 No.2680

皆さん、こんばんは。平成7年SG(2800DT)に乗っています。

電装系に疎いkazuhikoですが、今朝、お友達のtomi@静岡さんと出かける用事があり、
SGに乗ってエンジンを掛けたら… オーディオが鳴らない! というか、
カーナビの画面が出ておらず。

とりあえずお出かけ… 富士川の河口で、キャンプの薪を拾い集めた後、
離散して帰宅。帰宅したら、速攻で修理に取り掛かります。

恐らく、アースかどこかの接触不良だろうと疑い、インパネ周りをばらします。
ばらし始めて最初のうちは、何故か?復活してしまい、はて??

とはいえ、原因不明で復旧させてしまうと、後のトラブルで困りそうなので、
調べる… だけど、接触不良のギボシ端子等は、不明…

そうこうしているうちに、ブチ!!! しまった!短絡したか??
ヒューズはどこだ?

室内ヒューズボックスを調べてみても、それらしきヒューズは見つからず。

アース、メイン電源と調べていくと、どうやら、メイン電源からの電圧がゼロ。
イグニッションのON−OFFにも関係ありません。

どこかに、ラジオやオーディオのコネクタに関係しているヒューズがあるはずだが…
と思いつつ、整備解説書と電気配線図集を持ち出すも、調べる気力が…

あっさりと諦め、お友達のところへ電話を掛け、help!
さすがは信州の某氏、的確に教えてくれました。

ボンネットを開け、エンジンルーム内にあるヒューズボックスのうち、中央付近に
ある、汎用ヒューズの10Aと15Aの2箇所、これが室内に引いてある
電気系統だから、との指示。

ラジオと表示してある15Aは切れておらず。
つづいて、ルームランプと表示されている、10Aヒューズを抜いてみると、
見事に切れておりました。

そういえば、ドアを開けても、ルームランプは点いていませんでしたが、
日中の明るいときには気がつかず。
強いて言うなら、キーを挿して、ドアを開けっ放しで作業しているのに、
ピーピーピーという警告音も聞こえず。

10Aのヒューズを、新しいものに入れ替えたら、無事に通電し、計測すると
12V以上ありました。

ACCをONにすると、オーディオも作動し、イグニッションONで、ナビも
起動しましたので、一応の原因究明は完了。あとは元に戻すだけですが…

一応、ナビ本体を定位置に収めてはみたものの、短絡した原因が不明のままで、
復元作業するのはなんだか気持ちが悪いので、再び、ごちゃごちゃになった
配線をゴソゴソといじっているうちに、再びヒューズが切れました。

怪しいのは、前オーナーが切断したままになっている、スピーカー線。
ウーハーか何かを接続していたのでしょうかね?

分岐部分はそのままで、切断した箇所を、絶縁テープで処理して、その後は
復元作業に。

実際のところ、これで完全復旧したのかどうかはわかりませんが、とりあえずは、
無事に作動しております。

中途半端な知識での、素人配線というのは、落とし穴があるようです。

2680_1.jpg 2680_2.jpg 2680_3.jpg 2680_4.jpg 2680_5.jpg 2680_6.jpg 2680_7.jpg 2680_8.jpg






[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150]



投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 削除キー

ページ掲載の画像の一部、または全部を著作権法の定める範囲を越え投稿者に無断で複製、転載することを禁じます。

1発言で画像10枚まで、トータル2Mbまで投稿出来ます。
1枚の画像は大きくとも1920pix程度に抑えてください。
画像のリサイズは Windowsの方でしたらフリーソフトの縮小専用をお薦めします。





Back to Top

MORIMORIスペースギアのページへ戻る




- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y20 :Edit by Yamamoto -
- Tomokun_ver20050204-thb : Edit by tomokun -
- resize.pl - -守宮