-Delica乗りの画像UpBBS-
ここはスペースギア乗りの工夫・知恵の結晶が残るDIY中心のBBS。
お気軽にDIY・修理・改善等の画像をUPして下さい。
車の画像は、[愛車紹介画像BBS]も併せてご利用ください。


[デリカのページ] [デリカBBS] [愛車紹介BBS] [デリカD5(D:5) BBS] [スペースギア・デリカD5燃費アンケート]
[新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

*--- コメント一覧 ---*
 P1 カーテンランナー  ■グロープラグの点検  ■おかしくなった水温計動画  P2 サビとの戦い  ■このBBSの改善を若干行いました。  ■切り返すとカッ!と異音がする  P3 リア ロアアーム ブッシュ 交換  ■安全確認カメラ  ■デリカ用フロントロアボールジョイントとパジェロ用の...
 新着の期間  [全ページの表示]  [目次OFF]  [新着一覧
Googleエンジンを使ったBBS内検索 → 〔デリカBBS10000〕 〔デリカBBS〕 〔デリカ画像BBS


・・・枠のある画像はクリックすると拡大表示します・・・


メンテナンスデータ  投稿者:kazuhiko 投稿日:2006/10/21(Sat) 17:48 No.1384

こんばんは。平成7年SGに乗っているkazuhiko(ヒコ)です。

今日は、午後からkazukazu(カズ)さんと、プチメンテオフ。
作業内容は特に公開するような内容ではなく、油脂に関する下回り点検程度
なのですが、ボンネットを開けて話をしていて、何気に気になるものを発見。

なんと、同じ前期型なのに、メーカー指定の油脂類の交換指定時期などが
異なるのです。

私のSGは、平成7年前期(95型)エクシードT
kazukazuさんのSGは、平成7年後期(96型)シャモニー
同年式で、初回マイナーチェンジの前と後の違いだけ。
勿論、エンジンも同じ、機械制御式の4M40です。

ボンネット裏のエアーダクトに貼ってあるシールをみると、私のSGと、
書いてある内容が一部の項目で、まったく違うんですよ。

たとえば、ディーゼルのエアーエレメント 2万キロ→6万キロ など。
ビックリしましたね。同じ車なのに、これでいいんかい!?

他にも、年式が違うと、メーカーの指定が違うのかな〜 と、素朴な疑問です。

1384_1.jpg 1384_2.jpg 1384_3.jpg



プチオフ  kazuhiko - 2006/10/21(Sat) 21:35 No.1385

先々週、YUJI@静岡さん、まさひこ@静岡さんとも、プチオフしましたが、その時の小ネタです。

(1)YUJIさんのSG、前期型で、私と同じH7年マイナー前の
初期モデルなのですが、前輪を外してみると、なんと、フロントアッパー
アームボールジョイントに、グリースニップルを発見!

過去のBBS関連記事
https://com.sgd4.com/pbbs/joyfulyy.cgi?getno=59#getno59

これは、発売初期型のSGにしか使えない裏技なのですが、YUJIさん
ご本人は、いつからニップルがついていたのか、知らなかったというから、
きっと、前オーナーが施工したものなのでしょう。

(2)まさひこさんのジムニー、ガストーチであぶってみる
未塗装の黒い樹脂パーツが、紫外線等の影響で、経年劣化して白くなって
いる部分に、ガストーチの炎を近づけると、黒さが復活する裏技は、以前
にも紹介していますが、その後は、やはり樹脂部分が再び白くなっていく
のは否めません。

過去のBBS関連記事
https://com.sgd4.com/pbbs/joyfulyy.cgi?getno=262#getno262

今回は、フロントアンダーミラーのみあぶってみました。
サイドミラーは、あぶらずに、バンパーワックスと靴墨で処理。
(アンダーミラーにも、あぶった上から処理)

バンパーワックスの利点は、簡単施工で驚くほど黒く蘇ること。
欠点は、べたついて汚れが目立つことと、雨で簡単に流れ落ちてしまうこと。

その欠点をカバーすべく、バンパーワックスを塗って黒くした上から、
靴墨(原材料:ロウ)を塗りこみ、ワックスのように拭き上げるだけ。

バンパーワックスの黒さは保ちながら、ベタつきを完全に抑え、水に濡れ
ても、水をはじいてくれます。
ここで興味があるのは耐久性。次回、まさひこさんに会うまでの人柱です。
乞うご期待。


※番外編として、タイヤワックス+靴墨、私のSGのタイヤで試してみました。
会社で借りている駐車場が、田んぼ(農地)のまま転用していないために、
雨が降ると泥沼になってしまうのですが、靴墨のおかげで、水洗いだけで
簡単に泥汚れが落ちてくれます。

黒さはそれほど黒くならないのですが、汚れが簡単にきれいになり、大変
喜んでいます。
タイヤに泥がつくと、洗剤で洗っても、たわしでこすっても、茶色いしみが
残るんですが、これはいいなと。

1385_1.jpg 1385_2.jpg 1385_3.jpg 1385_4.jpg 1385_5.jpg



Re: メンテナンスデータ  YUJI@静岡 - 2006/10/21(Sat) 23:47 No.1386   HomePage

kazuhikoさん、こんばんは。
燃料フィルタが2万キロ毎は早いな〜と思っていたら
いつの間にか記載変更になってますね(^^;)
私のも(H7 1月登録)調べてみます。

あの場所に、既にニップルが付いていたのには驚きました。
SGが私の所へ来て3年以上経ちますから、それ以前ですよねぇ。
付けようと思ってましたから、手間が省けました(^^;)

その後、バンパーは如何ですか?
タイヤの件は、靴墨のロウが汚れを弾いてくれているようですね。
私も試してみようかな?


Re: メンテナンスデータ  まさひこ@静岡 - 2006/10/22(Sun) 11:42 No.1388

kazuhikoさん、こんにちは。ジムニー乗りのまさひこ@静岡です。例のミラーをkazuhikoさんに白くなりかけていたところをあぶってもらったのですがその後なかなか良い状態だったです。その後は次回にまた。





フリップダウンモニタ  投稿者:じゅんぼく@所沢 投稿日:2006/10/17(Tue) 21:48 No.1376

BBSの方のコメントで、フリップダウンモニターの件があり、
画像サイズが大きかったので、こちらに投稿させていただきました。
私のは、12インチで、エアコン表示部とルームランプの間に収まらなかった為、袴をはかせることにしました。。
それによって、隠れてしまうエアコン表示部は、配線を電子工作にて延長。それと同時に、表示部の周りにメッキ風のカッティングシートを張り、コーディネートしました^^;
写真に見えるスピーカーは現在死亡中ですが、出来映えとしては、結構満足してます。

1376_1.jpg 1376_2.jpg



Re: フリップダウンモニタ   - 2006/10/17(Tue) 23:11 No.1377

じゅんぼく@所沢さん、こんばんわ。

成る程、こうすれば大型のモニターが取り付けられますね。
さて、袴の中に手は入りそうにないし、どうやって取り付けたのか?
謎解きをお願い致します。


Re: フリップダウンモニタ  じゅんぼく@所沢 - 2006/10/17(Tue) 23:56 No.1378

こんばんわ♪
え〜とですね。。
先ず、左右の黒いフェイクレザー部分は、モニターの基台となる木目部分と同じ長さの梁を2本渡してあります。
1、左右の黒い枠を天井に固定。
2、木目部分を左右から止めます。
3、モニターの配線をしてモニターを固定して終了です♪

2と3は同時や逆でも良いのですが、モニターの重量が結構ありますので、この手順にしました。
それと、各パーツはレザーやカッティングシートを貼る前に、仮り組みを忘れずに。。
ちなみに・・・写真では判りづらいかもしれませんが、少しでも後方視界を確保するべく、本体を木の厚さ分めり込ませてあります。

1378_1.jpg



Re: フリップダウンモニタ   - 2006/10/18(Wed) 19:49 No.1379

じゅんぼく@所沢さん、解説有難う御座います。

現場で組み立てるプレハブ工法ですかね。
ズボラな私にはこの工法は無理ですね。
左右の板を付けた時点で位置間違えて中央部が
付かなくなりそうです。

でも、この考え方は今後の車いじりに大いに参考になりました。





フロントドライブシャフト(左側)の脱着 前編  投稿者:kazuhiko 投稿日:2006/10/14(Sat) 21:47 No.1373

こんばんは。平成7年SG(2800DT)に乗っているkazuhikoです。

スペースギア(SG)の場合は、4WD車のため、古くなってくると、フロントの
ドライブシャフトブーツが切れてしまうケースが多く、ブーツ交換の際に、
純正部品や、同等の形状をしたブーツでは、ドライブシャフトの脱着工程を伴います。
(割れブーツというものも存在する)

運転席側のドライブシャフトは、フロントデフからの距離があるために、
インナーシャフトと、アウターシャフトを、フランジ部分でボルト止めしていますから、
ハブASSYを切り離さなくても、ドライブシャフトを脱着可能なのですが、
助手席側のドライブシャフトは、デフに直接差し込んであるために、ハブASSYを
切り離す工程が必要になってきます


作業手順(前編)

(1)ジャッキアップしてタイヤを外す
■ジャッキアップする前に、ホイールナットを緩めておきます。
■ジャッキアップしない後輪に輪止めを入れておきます。
■クロスメンバーの中央付近にフロアジャッキを掛けて、ジャッキアップし、
 ウマ(リジットラック)の上に載せます。
※ホイールナットを外し、タイヤを外す。
外したタイヤは、万が一のときのことを考え、車体の下に入れておいたほうがよいです。

※画像が多くなるので、この工程は画像を省略します


(2)ブレーキキャリパーを外す
■タイヤが外れたら、ブレーキキャリパーの下の方(裏側)にある、スライドピンの
ボルトを緩めます。(工具は17ミリ)
■スライドピンを引き抜き、キャリパーを上に持ち上げて、ブレーキパッドを外します。
■キャリパーを裏側に引き抜くと、外れます。ブレーキホースを必要以上に
引っ張らないように注意しながら、番線などで吊っておきます。


(3)スタビライザーリンクを外す
■スタビライザーとロアアームをつないでいるリンクの片方だけ外します。
■リンクのボールジョイントのボルトには、共回りを防止するため、ヘキサゴン
(六角レンチ)を差し込むようになっています。17ミリのめがねレンチと、
6ミリの六角レンチを使用します。
※初期型のSGでは、六角レンチは、6ミリではなく5ミリが使われていますが、
硬く固着していると、工具に力が入らないために、取り外しに苦労します。
■六角レンチを使うために、17ミリのナットは、めがねレンチしか使用できません。
ソケットレンチは、緩んだあとからなら使用できます。

(4)ショックアブソーバー下側のボルト・ナットを外す
■ショックアブソーバーは、下側のボルト・ナットを外すだけでいいです。
(上は外さなくてもよい)
■17ミリの工具を使用しますが、ソケットレンチを使用する場合は、長めの
エクステンション(延長棒)や、ユニバーサルジョイントがあったほうがいいです。


(5)タイロッドエンドを切り離す
■タイロッドエンドのナットについている割ピンを抜きます。
■タイロッドエンドのナットを緩めます(工具は19ミリ) 緩めるだけにしておき、
ナットは取らずに2〜3山くらい残しておきます。
■タイロッドエンドの側面を、前側から、大きなハンマーで叩いて、振動で、
テーパー部分を切り離します。
(タイロッドエンドプーラーがある場合は、プーラーを使用することができます 
差込径は16ミリ程度必要です)
■タイロッドエンドのテーパー部分を切り離したら、残しておいたナットを外して、
エンド部分をナックルから外します。

※画像BBSに、タイロッドエンドの切り離し方を投稿していますので、
この作業については画像は省略します。(下記参照)
https://com.sgd4.com/pbbs/joyfulyy.cgi?getno=1358#getno1358

<後編につづく>




1373_1.jpg 1373_2.jpg 1373_3.jpg 1373_4.jpg 1373_5.jpg 1373_6.jpg 1373_7.jpg 1373_8.jpg



Re: フロントドライブシャフト(左側)の脱着 後編  kazuhiko - 2006/10/14(Sat) 22:01 No.1374

<前編からのつづき>

(6)ハブキャップを外す
■バールを使って、ハブキャップを外します。ハブケースのボルトの頭の部分を
支点にしてバールをこじると、うまく力が入ります。
■固着して、なかなか外れないときには、2本のバールを同時に使うと、キャップを
ゆがめることなく、きれいに外すことができます。

(7)Cリング/Oリングを外す
■ハブキャップを外したら、中のグリースを拭き取り、ドライブシャフトの先端の位置を
決めている、Cリング(サークリップ)を外します。マイナスドライバーでも
外すことは可能ですが、できれば、スナップリングプライヤーがあると便利です。

(8)ロアアームボールジョイントを切り離す
■ロアアームボールジョイントのナットに挿してある、割ピンを抜きます。
■ロアアームボールジョイントのナットを緩めます。(工具は24ミリ)
■ナットは緩めるだけにしておき、取らずに2〜3山くらい残しておきます。
■ナックル下側の側面を、大きなハンマーで叩いて、振動で、テーパー部分を
切り離します。
(ボールジョイントプーラーがある場合は、プーラーを使用することができます 
差込径は20ミリ程度必要です)
■ボールジョイントのテーパー部分を切り離したら、残しておいたナットを外します。

(9)アッパーアームとボールジョイントを切り離す
■ロアアームの下に、車載ジャッキなどをかまして、ナックルの上の方を切り離しても、
ハブが落下しないように支えておきます。
■アッパーアームに、ボールジョイント部分を固定している3本のボルトがあります。
■14ミリの工具で、この3本のボルトを外すと、ナックルごと外すことができます。
(落下させないよう注意! 重量のある部品です)

(10)ドライブシャフトを引き抜く
■アッパーアーム側にある3本のボルトを外すと、ハブASSYとナックルが
一体のまま、外れますから、外れたら、ドライブシャフトを引き抜きます。
■ドライブシャフト(左側)は、フロントデフに直接、スプライン部分(軸)が
差し込まれていますから、手前にまっすぐ引き抜くことができます。
■このとき、デフ側のオイルシールを傷つけないように注意。


※ブーツ交換については、画像BBSのこちらの投稿を参照してください
https://com.sgd4.com/pbbs/joyfulyy.cgi?getno=710;copnum=all#getno710


<復元時の注意点>
組み付けるときは、分解した逆の要領で組みつけていきますが、ナックル一体の
ハブASSYを組み付けるにあたり、ロアアームボールジョイントを先に仮止めしておき、
ドライブシャフトのスプライン部分を通し、その後、アッパーアームに接続します。
下から順に組みつけていかないと、うまく入らない場合があります。そうなると、
あとで、全工程をばらしてやり直すことになってしまいます。
ハブASSYは、ナックルやブレーキローターも一体になっているので、
非常に重量があります。
一人で作業するには、かなり大変な作業となります。注意!
できるだけ、車載ジャッキなどを活用して、重量のある部品を支えるように
工夫しましょう。

1374_1.jpg 1374_2.jpg 1374_3.jpg 1374_4.jpg 1374_5.jpg 1374_6.jpg 1374_7.jpg 1374_8.jpg 1374_9.jpg






[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153]



投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 削除キー

ページ掲載の画像の一部、または全部を著作権法の定める範囲を越え投稿者に無断で複製、転載することを禁じます。

1発言で画像10枚まで、トータル2Mbまで投稿出来ます。
1枚の画像は大きくとも1920pix程度に抑えてください。
画像のリサイズは Windowsの方でしたらフリーソフトの縮小専用をお薦めします。





Back to Top

MORIMORIスペースギアのページへ戻る




- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y20 :Edit by Yamamoto -
- Tomokun_ver20050204-thb : Edit by tomokun -
- resize.pl - -守宮