-Delica乗りの画像UpBBS-
ここはスペースギア乗りの工夫・知恵の結晶が残るDIY中心のBBS。
お気軽にDIY・修理・改善等の画像をUPして下さい。
車の画像は、[愛車紹介画像BBS]も併せてご利用ください。


[デリカのページ] [デリカBBS] [愛車紹介BBS] [デリカD5(D:5) BBS] [スペースギア・デリカD5燃費アンケート]
[新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

*--- コメント一覧 ---*
 P1 油圧警告灯スイッチ不良  ■カーテンランナー  ■グロープラグの点検  P2 おかしくなった水温計動画  ■サビとの戦い  ■このBBSの改善を若干行いました。  P3 切り返すとカッ!と異音がする  ■リア ロアアーム ブッシュ 交換  ■安全確認カメラ  P4 デリカ用フロントロアボールジョイントとパジェロ用の...  ■純正ラジオフィルムアンテナを活用  ■メーター照明をLEDに  P5 ATモード(ホールド)スイッチとODスイッチを入れ替...  ■インパネランプ  ■ディマースイッチ交換  P6 エアコンECUの再生  ■ウインカー移設(ウインカーレバー&スイッチ故障)【...  ■ルーフおでこ部分補修  P7 ジャンプシート(補助席)の改造(完全自己責任で)  ■スライドドア取っ手交換  ■フロント ロアアームブッシュ交換の注意点について  P8 サイドミラー開閉不能の修理  ■灰皿をスイッチパネルに  ■改ドリンクホルダー  P9 セルの簡易リビルト  ■簡単コンソール  ■初代4WDデリカ 背面タイヤ仕様  P10 セルモーター分解清掃  ■HIDグレア光遮蔽  ■ダッシュボード取り外し2 ヒーター修理  P11 ダッシュボード取り外し  ■キャプテンシートのスライド制限解除について  ■ECUカバー製作  P12 給油口とタンクをつなぐゴムホースに亀裂が!  ■シュノーケルをつけてみた  ■アッパーアーム ロアアーム交換(画像2)  P13 アッパーアーム ロアアーム交換  ■ETC移設  ■ラッシュアジャスター点検、交換  P14 キャプテンシート下小物入れ  ■ハット ラック  ■DVDデッキ ブレーキ・バイパス  P15 6G72 シリンダヘッド 分解  ■ウォークスルー部にウーハー設置  ■フロントパネル補修&木目調に  P16 ステアリングギアボックス(ラックアンドピニオン)交...  ■スピードメーター交換  ■内外気温度計  P17 レオスタット関連の回路図  ■赤から白へ  ■あったらイイな  P18 フロント ブロアモータ 交換  ■傾斜計の修理  ■ドリンクホルダー用テーブル  P19 強化 トーションバー へ交換  ■自作テレビアンテナ  ■スキッドプレートの流用  P20 フェンダーカット  ■サイドステップの延長  ■三路回路とLED化  P21 フロントロアアームの交換<前編>  ■何これ!!EGRバルブその後  ■他車種用ショックアブソーバーの流用  P22 ター坊交換  ■何これ!!EGRバルブ  ■エアーエレメント交換  P23 100均グッズでATF交換  ■純正ラテラルロッドを調整式に改造  ■【スターワゴン】フロントブロアモーターに着いて  P24 サルフェーション  ■ウインドレギュレータ モーター交換  ■窓取り外し  P25 ブーツ交換  ■室内灯のLED化  ■ブーストメーター取り付け  P26 社外インテークパイプに交換する  ■SGエンジンオイル交換(4M40)  ■エポキシパテ  P27 フロントドアガラスの脱着  ■整備オフ ブレーキ・足回り編  ■  P28 左斜め後ろビューカメラ  ■プロコンプ・サスが折れた(笑)  ■L型ドライバー  P29 リアコイル 車高調整シム  ■リアアンダーミラー塗装  ■エアコン再生日記  P30 浦島太郎〜  ■  ■バッテリートレー排水口の拡張  P31 電線隠しの製作  ■6G72 インジェクター清掃or交換  ■ツイーター台作り直し  P32 ルーフラック装着しました。  ■花火見物オフ  ■6G72 プラグ交換  P33 噴射ノズルのメンテナンス  ■前期型 Fバンパーの交換  ■コーナーレンズのクリア化  P34 エアロルーフ リアスポイラーの取り付け  ■暑さ対策 冷却水編  ■エアコン冷媒の補充と添加剤  P35 前期型 フェンダーの交換  ■ウィンカーレバー  ■補修作業  P36 ワイパーアームの取り外し  ■4M40 リリーフバルブの圧力測定  ■フロントからのビビリ音対策  P37 切り刻む  ■オルタネーター関係の配線図  ■ロッカーカバーガスケットの交換  P38 リアタイヤのはみ出し対策  ■はじめまして  ■98%完成!  P39 4M40 パジェロ用エレメントの流用  ■リアディフレクターの取付  ■TERZOリアラダー JX51取付  P40 リアスタビライザー 純正流用  ■メインBBS「エアコンが冷えない」症状写真  ■バースト  P41 ボールジョイントにグリスニップルを施工  ■リアロアアーム交換  ■車高UPとリアスタビライザーの補正  P42 カーナビの電源ダウン  ■インマニの分解洗浄  ■LEDハイフラ対策フラッシャーリレー  P43 3速ATになってしまった  ■ルームランプのグレードアップ  ■パジェロ16インチブレーキは流用できるか?  P44 ビビリ音対策  ■左後方カメラ  ■オルタネータ線の貼換え  P45 取り消し  ■冬と言えばやっぱこれの施行かな?  ■富士川プチオフ  P46 純正リアエアコンモニタ  ■ヒータコントロールパネルのバルブ交換  ■ハイリフトのスペアタイヤ問題  P47 富士山の湧水でコーヒーを  ■ドライブシャフトの交換  ■最終型SGのテールランプを移植  P48 .  ■湧水を求めて  ■室内ヒューズboxの件で。  P49 ボディーコーティング  ■続・帰ってきたモニターフェチ  ■EGR 頭は銀色  P50 本栖湖キャンプ(夏)  ■安直!ドアスピーカー修理…  ■オイルセパレーターもどき  P51 EGRのホースに小さな玉が  ■取り消し  ■取り消し  P52 エミッションバルブとオリフィス  ■リアエアコンホース  ■週末の車いじり  P53 ウインカーレバー破損(傾向不良?)  ■取り消し  ■エンジンマウントの交換  P54 フレームに穴が…  ■センターテーブル製作中  ■バタフライウインドウのヒンジ破損  P55 アクセス拒否になります  ■木目調塗装  ■取り消し  P56 サンルーフ。  ■エアコンの故障  ■本栖湖キャンプオフ  P57 映像音声切替器  ■サブバッテリー搭載  ■本栖湖キャンプオフのご案内  P58 室内灯の中のこのパーツは何でしょうか?  ■剥ぎ取りオフ  ■ブレーキの固着・引きずり  P59 ドアミラーを電動格納式に変更  ■廃車(抹消登録)  ■今年は寒いですね  P60 私のベッド(半完成)見てください。  ■マフラー交換  ■トランスファーノブ試作  P61 ルーフの再塗装  ■冷却水の寒冷地対策  ■ハブボルト破断  P62 タコメータよりの信号取り出し  ■こんなことしてみました  ■集中ドアロックの不具合  P63 ルーフラック載せ替え  ■エアコンの温度が、まったく利きません。  ■フロントデッキガーニッシュの交換  P64 リレーからの異音について  ■教えてください。センターデフから異音が・・・  ■本日のプチオフ20071202  P65 ターボタイマー取り付け  ■こんな話聴いた事有りますか??  ■エアコンパネルの清掃  P66 メーター照明  ■リヤバンパーフォグ  ■ディーゼルコンディショナー  P67 ETCとワンセグチューナーの取り付け位置  ■こんなもの作ってみました  ■サイドブレーキレバーの加工  P68 運転席窓が外れた!  ■便利ツール  ■クリアーテールレンズについて、教えてください。  P69 はじめまして  ■移転登録 車庫証明編  ■2007MMF岡崎  P70 Fアッパーアームのサビ落とし  ■フロントフェンダー  ■エミッションバルブ  P71 荷物の整理  ■キャンプ場で見かけた目が点デリカ^^;  ■カロリーオフ 夜宴編  P72 オフ会にお勧めの場所(沼津)  ■簡易直流電源  ■帰ってきたモニターフェチ  P73 歪さんへ  ■カロリーオフ 小技編  ■朝霧高原プチオフ  P74 朝霧ベースに迎撃、感謝です。。(^^)v  ■いまさらですが”キーレスエントリー”  ■Fガードの再生  P75 エンジンルームから異音  ■ドアロックモーター 修理  ■スライドドアの凹みを修正する  P76 いつものプチオフのはずが 浦安編  ■BBQプチオフin富士  ■吸気ファンユニットに脱臭フィルター  P77 コンプレッサー寿命  ■シリコンホース交換  ■100円ショップのスピーカー  P78 いつものプチオフのはずが…  ■電源が切れてしまう  ■ディーゼルボンネット装着写真  P79 足回り&ブレーキのメンテと点検  ■車内の排気汚れ  ■やってしまった〜〜  P80 エアコン吸気フィルター  ■サイドステップ交換  ■例のダミー・プレート  P81   ■ナビモニター設置試作  ■SGパーツ無償提供(群馬県引取限定)  P82 桜とミツバチ  ■肘掛テーブルを作ってみた 其の壱  ■JVCSをつけてみた その参  P83 JVCSをつけてみた その弐  ■JVCSをつけてみた その壱  ■センターパネルの取り外し方  P84 マッドフラップの作成  ■  ■無題  P85 プチオフ:スピーカーボード作成  ■  ■続・ODドライブ自作しました  P86 F上下ボールジョイント交換  ■ハーフDINがピッタリ  ■黒さ復活作戦  P87 三連メーターの移設  ■三連メーター跡地の仮設フタ  ■SS4の切替  P88 D4キーホルダー作ってみました!  ■新春プチオフ(整備&スノー)  ■ステアリングからの異音(その2)  P89 バックカメラアーム、2個作りました  ■ステアリングを切ると異音が…  ■ショックアブソーバーの交換  P90 ワンマンブリーダーの自作  ■マフラー  ■スタッドレスに交換  P91 ODシフトレバー、自作しました  ■人柱  ■ステアリングラックブーツ交換  P92 SWツインバッテリー交換(1)  ■ATシフトレバー交換  ■ステアリングテーブル自作は・・まだです  P93 前期型SGを今風に  ■富士川河口にて  ■SG純正アルミの脱着  P94 リアガラスのモール。  ■リモコンのドアロック関連の図です。  ■MMFおつかれさまでした  P95 メンテナンスデータ  ■フリップダウンモニタ  ■フロントドライブシャフト(左側)の脱着 前編  P96 埼玉オフ会場の下見してきました!  ■新しいお友達  ■タイロッドエンドの切り離し  P97 シートの取替え  ■バッテリー交換  ■ETACS-ECU回路図  P98   ■台風接近中  ■管理人さんの店?  P99 リアスタビリンクのボルト修復  ■SGフロントエアコンのドレンホース延長  ■須津川渓谷周辺の林道  P100 コーナーポールの自作  ■謎オフ・ステッカー  ■買ってください 2  P101 【なぞなぞオフin長野】第一部  ■今さらながら…サンルーフモーターまでの道のり  ■富士山御殿場口にて  P102 車中泊ベット  ■伊豆を満喫  ■スペーサーの挿入  P103   ■シールしてみました  ■改めて買ってください 1  P104 プチ整備オフ2006.07  ■買って下さい  ■その 3  P105 小技  ■06愛岐オフ 春  ■プロペラシャフトのグリースアップ  P106 アクセルワイヤーが切れているのかな〜?  ■プチ林道オフ  ■これは?  P107 Fアッパーアームボールジョイントのメンテ  ■洗車オフ?  ■オイル交換(久々)  P108 SGのキーリマインダーの誤作動対策  ■運転席窓のセーフティ誤作動対策  ■リアラダー 他車の流用  P109 かなり前のモデル?  ■ショック交換  ■富山プチオフ  P110 尻下がり対策(リア1インチUP)  ■連休いかがお過ごしですか?  ■SG ルームミラー調整  P111 富山プチオフ  ■4灯フォグ切り替えリレー  ■前期型 ATF交換  P112 コンパウンド3兄弟  ■  ■富士山麓にて  P113 SW整備  ■小技 大王  ■前期型にシュノーケル&温泉ステッカー  P114 ATシフトポジション球の交換  ■センターテーブル?  ■LLC交換の手順  P115 ユニバー去る・ワイパーブレード  ■デフ&トランスファーオイル交換  ■海外のデリカ達  P116 1DINへの交換後の空きスペース  ■超 小技  ■インテークパイプ継目の漏れ対策  P117 静岡遠征  ■電源の通線作業1(エンジンルームから車内へ)  ■電源の通線作業3(線の末端処理)  P118 電源の通線作業2(車内の通線)  ■エアー・ダクトの塗装  ■教えてください・・2  P119 タイヤ交換  ■ATFドレンボルト  ■初めて見た車^^  P120 あなたのベットを見せてください!  ■奥飛騨雪見露天風呂オフ  ■2WDデリカ修理完了  P121 SWのブレーキ点検  ■純正小物パーツ情報(その弐)  ■リアブレーキの鳴き対策(2)  P122 低温進角装置調整 その1  ■助手席テーブル  ■LSPV画像UP  P123 自作ステッカー  ■三菱じゃないけれど  ■初日の出!  P124 映像切替器  ■ECS装着車、リアショック交換  ■教えてください  P125 右前ドライブシャフトブーツ(内側)の交換  ■ブレーキキャリパーを赤くする  ■光物企画 第二弾  P126 ガラスリペア  ■水島MMF  ■ウハウハOFF  P127 燃料フィルター交換  ■ラジエターコンデンスタンクの劣化  ■純正小物パーツ情報  P128 SPA  GEAR 一番乗り!  ■ODスイッチ修理  ■東京モーターショー D:5  P129 陸を忘れ リフレッシュ  ■滋賀県マキノ集落・ミツビシトラクター^^;  ■只今制作中  P130 郡上オフ  ■Wショック  ■さあ、これは何でしょう?  P131 GPSアンテナの位置  ■サンダーバード大作戦(パクリ)施行途中  ■サンルーフ・モーター修理  P132 短太君!  ■EGRバルブ固着  ■この女の子  P133 気持ちいい季節  ■いまさらのエアホーン  ■旧車発見  P134 サーフサイドステップ移植  ■北海道ドライブ  ■スリーダイアを光らせよう  P135 リベンジ郡上OFF 完結編  ■これは何か解る人凄いです。  ■秋の気配 病気編  P136 パチンコ  ■ムラムラとくる照明?  ■釣りたてのイカ  P137 エアーエレメント洗浄  ■パワステフルード、トランスファOIL交換  ■なんちゃってカーサイドタープ  P138 純正電圧計の誤差  ■安物買いの銭失い  ■郡上OFF番外編  P139 あぶりオフ!? 黒く蘇らせる!  ■こそっと…  ■エアコンフロントユニット洗浄  P140 こんなんっくてみました  ■燃料噴射ポンプの調整  ■椅子の下工事中  P141 ビルシュタインの装着  ■リアアンダーミラー  ■ブレーキラインのエア抜き  P142 デリカの友達欲しい!  ■今週末のお題  ■リアブレーキの鳴き止め対策  P143 車内に扇風機  ■本日の不具合修理  ■内装の汚れ清掃  P144 クタニレッド  ■角目二灯スターワゴン  ■トーションバーの調整  P145 キャンプ・庭  ■4WDにならないSG  ■薔薇が咲いた!  P146 こんな事しています。  ■クランクプーリー脱落  ■MORIMORIさんには敵わない  P147 買いました  ■お邪魔します  ■桜キャンプ  P148 初めましてです。よろしくお願いいたします。  ■ツバメはまだか?  ■旅の途中。  P149 コハクチョウさんです。  ■林道走行中  ■お試し画像  P150 書斎?から見た庭・sg  ■私の遊び場所…  ■画像投稿掲示板 Start
 新着の期間  [3ページまでの表示]  [目次OFF]  [新着一覧
Googleエンジンを使ったBBS内検索 → 〔デリカBBS10000〕 〔デリカBBS〕 〔デリカ画像BBS


・・・枠のある画像はクリックすると拡大表示します・・・


油圧警告灯スイッチ不良  投稿者:kazuhiko 投稿日:2007/11/10(Sat) 16:50 No.2155   HomePage

こんにちは。平成7年SG(2800DT)を所有しています。

デリカBBSの方に書き込みしましたが、運転席のメーター内に点灯するはずの
油圧警告灯が点灯していないのに気がつきました。
https://com.sgd4.com/bbs10000/wforum.cgi?mode=allread&no=8880&page=0#9017

エンジン本体や補器類など、エンジンの運転状況に変化があった場合に、
異常を知らせる警告灯が、球切れなどで点灯しなかったのでは、いざというときに
役に立ちませんので、エンジン始動時には、必ず点灯確認をするように出来ています。

キーを、イグニッションの位置に入れた時点で、バッテリー/AT/オイル/
燃料フィルター(ディーゼルのみ)などの警告灯が一斉に点灯し、セルを
回してエンジンを始動すると、異常がなければ直ちに消灯するようにできています。

毎日、エンジンを掛けるたびに繰り返される、何気ない光景なのですが、
慣れというのは恐ろしいもの。油圧警告灯が点かなくなっていたにもかかわらず、
まったく気がついておりませんでした。

デリカBBSでお尋ねしたところ、点検方法として、スイッチの配線コネクタ
部分をアース接続して、メーター内の警告灯が点灯すれば、配線には問題が
なく、スイッチ部分の不良であるとのアドバイスを頂きました。

ということで、早速、点検してみました。


<作業手順>

■SGの2800DTは、エンジンの上にインタークーラーがあり、作業する
たびに、インタークーラーを取り外さないと、作業スペースが確保できません。

■私のSG(PD8W)は、社外のインテークパイプを取り付けているので、
純正のゴムホースと比べると、作業性が悪く、ホースバンドを緩めて、
パイピングと、インタークーラー本体を切り離す必要があります。
使用工具は7ミリ。4箇所のホースバンドを緩めて、パイピングを抜いて
おきます。

■インタークーラー本体は、ボンネットにステーを固定して、その上に
取り付けてありますが、今回は、ステーごと脱着します。
10ミリの工具で、4箇所のボルトを外すと、インタークーラーを固定して
いるステーごと動かすことができます。

■このまま動かすと、配線が邪魔で、支障がありますので、インタークーラー
後部の配線を2箇所抜きます。
これだけ外したら、インタークーラーを、運転席側の邪魔にならないところへ
移動します。

<つづく>

2155_1.jpg 2155_2.jpg 2155_3.jpg 2155_4.jpg



Re: 油圧警告灯スイッチ不良  kazuhiko - 2007/11/10(Sat) 17:05 No.2156   HomePage

<つづき>

■インタークーラーを移動できたら、あとは、油圧警告灯のスイッチに
接続されている配線コネクターを点検するだけです。

■といっても、油圧警告灯のスイッチが何処にあるのか?
4M40では、エンジンの助手席側に、エンジン本体から動力をとるかたちで、
バキュームポンプがついていますが、バキュームポンプのすぐ上に取り付けて
あります。

■私のSGの場合、油圧警告灯のスイッチが、かなり錆びて茶色く変色しており、
配線コネクタを触ると、かなりグラグラしています。これでは、接触不良は、
ほぼ間違いないと思われますが、念のため、点検を続行します。

■スイッチ上部に接続されている配線コネクタを抜きます。平型端子を
接続したアース線があればベターですが、なければ、適当なコードを用いて、
コネクタのメス側に差し込みます。抜けてしまわないように、自動車配線用
ではなく、少し固めの家庭用の電気配線が使いやすいです。

■片方を、油圧警告灯スイッチの配線に接続したら、もう片方を、適当な
場所へボディーアースします。これで、準備完了。

■あとは、運転席に戻って、キーをイグニッション位置に回すだけ。
他の警告灯と一緒に、油圧警告灯も点灯しましたので、配線には問題がない
ということが確認できました。

※この状態では、エンジンは始動しないで下さい!

<スイッチ交換へ、つづく>

2156_1.jpg 2156_2.jpg 2156_3.jpg 2156_4.jpg



油圧警告灯スイッチ交換  kazuhiko - 2007/11/10(Sat) 22:50 No.2157   HomePage

<つづき>

kazuhikoです。エンジン始動前に、イグニッションONの位置で、油圧警告灯
だけが点灯しなくなっていた原因が、油圧スイッチの不良であることが
判明しましたので、早速部品を入手。

いつもお世話になっている整備工場へ出向き、部品を頼みましたが、土曜日
だというのに、すぐに発注してくれました。

当初は、三菱の部品だと、週明けにならないと手に入らないはずでしたが、
メカニックと話をしているうちに、もう届いたではありませんか。
これは、三菱の純正部品ではなく、社外品なのですが、価格は、純正よりは
安いらしいです。(月末に請求書が届くと思います)
(製造元:F.E.W FUTABA ELECTRIC MFG. CO., LTD.)

三菱の純正部品番号は、MC840219となっており、
まさや@松本さんの情報によりますと、現在1102円(税込み)。

油圧警告灯のスイッチを脱着するには、26ミリのディープソケットが必要です。
ちょっと特殊なサイズの工具ですが、昔のインチネジを使っていた頃の名残かな?

自動車部品にしては珍しい工具サイズですねと、話をしたところ、各社とも
特殊な工具が必要らしいのですが、それでも、国産車で使われている油圧
警告灯のスイッチを外すには、3種類の工具さえあれば、どの車でも脱着
できるよ、とのお話。どうやら、自動車メーカーの数よりも、部品は共通化
されているらしい。

<作業手順>

■ソケットツールの、ラチェットレンチに、エクステンションをつなげて、
26ミリのディープソケットを使って、スイッチを外します。

■本来は、スイッチだけが外れるのかもしれませんが、今回は、スイッチと、
その下にあるオイルラインのジョイントが、一緒に外れてしまいました。

■17ミリの工具を使って、スイッチ部分だけ外そうと思いましたが、
固着して、かなり手ごわい。結局、片方をバイス(万力)に挟んで固定して、
思いっきり緩めると、外れました。

■オイルラインのジョイントは、先に取り付けておきます。17ミリの
ソケットを使って、締め込みます。

■取り外した、油圧警告灯のスイッチを比較してみました。
故障していた部品は、端子の部分がグラグラになっていました。

■あとは、26ミリのディープソケットで、スイッチを取り付けます。

■取付後、インタークーラーを元に戻して、エンジンを始動して、スイッチ
取付部分からのオイル漏れがないかどうかを確認します。


<整備工場のメカニックから聞いた話>

車検整備のときに、オイル漏れで修理する車の多くが、このスイッチ部分
からの漏れのようで、このスイッチが不良になる症例は、意外にも多いのだとか。

そのため、純正部品よりも安い社外品が出回っているそうですが、強度的には、
社外品のほうが故障する確率が低いというから驚きです。
このメカニックの話では、今までの経験上、社外品に交換してから、再度
故障したことはないよと。三菱に限らず、純正部品は弱いのだそうで。


確かに、よく見ると、純正部品は、端子の部分が、リベットのようなもので
カシメてありますが、社外品はガッチリとビス止めでした。

2157_1.jpg 2157_2.jpg 2157_3.jpg 2157_4.jpg 2157_5.jpg 2157_6.jpg 2157_7.jpg



Re: 油圧警告灯スイッチ不良  ヨッシー@福岡 - 2007/11/11(Sun) 00:09 No.2158

みなさん、こんばんは。
kazuhikoさん、配線図の時にはお世話になりました。

自分も、オイルプレッシャーSWのカシメ部分からのオイル漏れで交換しました。
この部分からの漏れは油圧がかかっているので、結構目に見える勢いで漏れますね。
自分も社外品に交換しました。


Re: 油圧警告灯スイッチ不良  みき - 2007/11/11(Sun) 10:31 No.2159

kazuhikoさん こんにちは。
私はH14年に15万キロで交換しました。
当時はディーラー任せでしたので、工賃3200円もかかりました。
その後15万キロ走っていますので、今度は是非DIYでと思います。
大変参考になりました。


Re: 油圧警告灯スイッチ不良  りょう@山梨 - 2007/11/11(Sun) 21:02 No.2163

僕も直さなくてはと思いながらも、腰が上がりません。<br>作業の際は参考にさせてもらいます。


Re: 油圧警告灯スイッチ不良  kazuhiko - 2007/11/12(Mon) 19:58 No.2167   HomePage

ヨッシー@福岡 さん、こんばんは。

そうですか〜 私は、この部分からのオイル漏れの経験はなかったので、
初めて交換しました。


みき さん、こんばんは。

インタークーラーの脱着が面倒なだけで、SGの場合は、ボンネット内の
わかりやすい部分にあるために、工具さえあれば、作業性はいいですね。

施工時、液体パッキンがあると、いいかもしれません。


りょう@山梨 さん、こんばんは。

外で作業していると、日が当たっているときは暖かいのですが、影になると、
寒くなってきましたね。
日没も早い時期ですので、この時期は短時間で施工できるDIYでないと、
ちょっと難しいですね。


Re: 油圧警告灯スイッチ不良  りょう@山梨 - 2007/11/13(Tue) 13:05 No.2170

油圧SWを確認してみました。
昼休みだったので、インタークーラーの脱着はなし。
隙間から手を入れて確認しました。

カプラーがグラグラです。
端子のぐらつきはなかったんですが、端子自体がやせているようです。

まあこれは、部品交換で直ると確信しました。
なんで端子がやせるのかな。


Re: 油圧警告灯スイッチ不良  みき - 2007/11/15(Thu) 15:37 No.2171

りょう@山梨さん、こんにちは。
>カプラーがグラグラです。
端子のぐらつきはなかったんですが、端子自体がやせているようです。

純正のは元々薄くて頼りないですね。
私のは、コネクタの爪が磨耗して効かなくなって振動で抜けます。
合うコネクタを探して取りつけるか、直接繋ごうと思っていますが…


オイルプレッシャースイッチ S-6104に交換  MORIMORI - 2020/03/13(Fri) 08:10 No.3294

まだスペギ乗ってるMORIMORIです(^^)/
ブログに関連記事をアップしたので、情報記載。
ネットで注文したところ、違う径のものが適合品番になっていた
ようですので、参考になればと、掲載しました。
過去の発言などを見ると、すべてレンチは26mmだと思うのですが
24mmのオイルプレッシャースイッチがついている車体もあるので
しょうかね???

油圧警告灯点燈 二葉電機 オイルプレッシャースイッチ S-6104に交換
https://delica.pmiyazaki.com/blog/log/eid88.html

3294_1.jpg






カーテンランナー  投稿者: 投稿日:2019/04/30(Tue) 17:23 No.3289

カーテンのランナーは経年劣化でポロポロ欠けるのですが
DIYの味方100円ショップで良いものを見つけたので使って
みました。
ランナーは厚みが厚いのでヤスリで削り、クリップは
針金部をペンチで切ってラジペンで曲げて使いました。。

3289_1.jpg 3289_2.jpg






グロープラグの点検  投稿者:拾萬円デリカ 投稿日:2007/12/23(Sun) 21:05 No.2217

皆さん、こんばんは。当方、H7年 PE8W スーパーエクシードです。
年末になり、各地で雪の便りを聞くようになりましたが、寒い朝は、エンジンの
始動性がイマイチ。
それでも、セルをイグニッションの位置まで回して、グロー表示灯が消えた後、
一旦キーを戻して、もう一度予熱をかけてやることで、エンジンは一発で掛かります。

グロープラグ自体は死んではいないのだろうけれど、どこかで通電不具合があるの
だろうなと思い、こちらのHPをはじめ、ネットで色々と調べて見ました。

グロープラグの点検方法については、管理人のMORIMORIさんが、詳しい
ページを作ってくれているので、とても参考になりました。
https://www.sgd4.com/glowrepo.htm

どうやら、ディーゼルのSGに乗っている皆さん、色々と苦労されているようで、
沢山の情報がネット検索で見つかりました。

私のSGは、H7年のマイナーチェンジ前の、モデルチェンジして最初の型のようで、
セラミックグローが採用されているとか、コネクションプレートは、当初アルミ製
だったものが、対策品では鉄になったとか、後期型では、プレートの接続部に赤い
キャップがついているとか・・・ いろいろと。

というわけで、作業開始。
まずは、インタークーラーを外して、邪魔にならないところへ移動させておきます。

ボロボロに錆びたグロープラグは、いかにも通電が悪そう。
コネクションプレートを外して、各プラグの抵抗を測るわけですが、こんなに
錆付いていると、ナットを緩めただけで、なめて逝ってしまいそうです。

そこで、数日前から、浸透性の潤滑剤を吹き付けておき、念には念を入れまして。
今回使用したケミカルは、画像左から2本。コーザイのPN55(潤滑浸透防錆剤)と、
KUREのエレクトロニッククリーナー。
一番右のケミカルは、リアショックの交換。緩まない・・・ のツリーで、
https://com.sgd4.com/bbs10000/wforum.cgi?mode=allread&no=9232&page=0
いちびりぃ〜@なにわさんが、紹介してくれた、ワコーズのPR−C ラスペネ業務用です。
錆で固着して緩まないときのために用意しておきましたが、今回は開封することなく、
無事に終了しました。

2217_1.jpg 2217_2.jpg 2217_3.jpg



グロープラグの点検2  拾萬円デリカ - 2007/12/23(Sun) 21:06 No.2218

グロープラグ4本をつないでいる、波型の金具が、コネクションプレート。
私のSGで見たものは、どうやら対策品で、しかも赤いキャップまでついているし。
恐らく、前オーナーも、始動性が悪くて、修理に出したのでしょう。
画像はありませんが、グローリレーからの配線も、別に引きなおして対策してありました。

コネクションプレートは、4本のグロープラグの頭に、ナットで固定されていますが、
このナットもすごく錆びていて、ちょっと不安。数日前から数回繰り返した、浸透性潤滑剤の
攻撃が功を奏したのか、意外にも簡単に緩みました。使用した工具は8ミリ。
狭い箇所で、工具を振るにも苦戦しますから、めがねラチェット(板ラチェット)が便利です。

グロープラグの点検は、プラグ自体は外さなくてもOK。プラグの頭のナットを緩めたら、
波型のコネクションプレーをずらして抜き取ります。

手前から、1番・・・一番奥のプラグが4番です。
プラグの頭と、エンジンのブロックとの間の抵抗値を測定するわけですが、最初は、
テスターがまるで反応せず。まさか、4本とも全部切れていることはないはず、と
思いなおして、エレクトロニッククリーナーを吹き付けて、通電性の回復を待ちます。
とてもデリケートな部分のようで、ワイヤーブラシや、ペーパー掛けは厳禁とのことです。

グロープラグ周辺の汚れをケミカルで洗浄した後で、再度、抵抗値を測定すると、
テスターが反応しました。グロープラグの頭のナットに赤いコード、エンジンの
ブロック側に黒いコードが来るようにして、測定しますが、ちょっと位置がずれた
だけで、数値が大きく変動して、なかなか決まりませんが、何とか測定できました。
手前の1番から、1.0Ω、2番と3番が1.1Ω、一番奥の4番が1.3Ωと、
奥に行くにしたがって抵抗が増す傾向がありますが、僅差なので、良しとします。

コネクションプレートも、ペーパー掛けをすると傷ついた部分から錆びるとのことなので、
エレクトロニッククリーナーを吹き付けて清掃。

あとは、組みつけて復元するだけですが、気のせいか、始動性が少しは向上したような
気がします。
但し、始動直後のエンジン回転数はあまり安定せず。エンジン始動後、アイドリング
状態ならエンストすることなく安定していますが、エンジンが冷えているときに、すぐに
走り出してしまうと、アクセルを軽く踏んでも吹けません。

やはり、暖機運転は必要なのかなと、感じました。
グロープラグのほかにも、点検するべき箇所がありそうですね。

2218_1.jpg 2218_2.jpg 2218_3.jpg



Re: グロープラグの点検  みき - 2007/12/24(Mon) 16:27 No.2219

こんばんは。H8 4M40に乗っています。

私も冬季になると始動困難で以前に同じ整備した事を思い出します。
2年前の対策(グロープラグ)後セル0.5秒で掛かり、又グロー周辺はピカピカにしています。

グロー表示灯が消えた後も少し待ってリレーの音がしてからセルを回してみてください、より短時間に始動します。
車種によって違いは有りますがSGですと8秒位です。


Re: グロープラグの点検  拾萬円デリカ - 2007/12/27(Thu) 20:11 No.2223

みき さん、こんばんは。拾萬円デリカです。

今までは、グロー表示灯が消灯した直後にセルを回していましたが、
プリグローのリレーが切れる、作動音を確認してからクランキングして
みました。

おっしゃるとおり、始動性は向上。スムーズに始動できました。

気のせいかもしれませんが、アフターグロー中の、エンジンのバラつき感も、
少しましになったように思います。

アドバイス有難うございました。


確実な予熱へ  デリカ寒冷地 - 2008/01/24(Thu) 12:41 No.2260

グロー通電配線の張替え増強で、短時間で確実な予熱完了へ。
グロー断線故障防止のために、通電時間の変更改造を実施、試用中。問題が生じなければ、後日掲載します。

2260_1.jpg 2260_2.jpg



Re: グロープラグの点検  kazuhiko - 2008/01/24(Thu) 19:48 No.2261   HomePage

デリカ寒冷地さん、こんばんは。拾萬円デリカこと、kazuhikoです。
平成7年SG(2800DT)を2台所有しています。

その節は、水没デリカが大変お世話になりました。おかげで命拾いしました。
水没デリカは、一命を取り留めましたが、潜在的に後遺症が残る可能性大で
あることから、来月の車検切れをもって廃車となります。
代わりに手に入れたのが、拾萬円デリカ。同年式のスーパーエクシードです。

1号車(水没デリカ)に比べると、2号車(拾萬円デリカ)は外見こそ
よく見えますが、中身がズタズタ…
アクセルを踏み込んだ感触なんかは、同じエンジンとは信じ難いほどの
雲泥の差で、グローも調子悪い…

ということで、もうひとつ無駄な悪あがきをしてみました。
1〜4番のグロープラグとコネクションプレートを止めているフランジナットを
外し、錆のひどかった1番の接触面をペーパーで磨いた後、ナットとプレートの
間に、銅ワッシャーを挟み込んでみました。

結果は…気持ちの問題という程度ですね。

グロープラグの点検では、不具合が生じる程度ではないのですから、そこに
対策しても、代わり映えしないというのが実情でしょう。

アフターグロー時のアイドリング不安定が続いた後、暖気終了後は安定する
のですが、恐らく、噴射ポンプ側の問題かなと。


<追伸>
来月、奥飛騨でオフ会がありますが、如何ですか?

2261_1.jpg 2261_2.jpg 2261_3.jpg



Re: グロープラグの点検  kazuhiko - 2008/10/18(Sat) 11:59 No.2582

こんにちは。平成7年SG(2800DT)を所有しています。

お友達のSG(2800DT)の、グローの調子がイマイチとの相談を受けましたので、
本日は、水没号(H7年PD8W)から、グロープラグを取り外しました。

今年2月まで乗っていた水没号は、約4年前にエンジンを積み替えており、
前期最終型のH8年後期のエンジンが搭載されています。
そのため、使用されているグロープラグは、メタルグローが採用されているようです。

作業手順としては、準備作業として、インタークーラーの撤去をしないと、
作業空間を確保できません。

※事前の作業として、さび付いて固着したグロープラグや各ナットに、
浸透性潤滑剤をたっぷりと吹きつけ、浸透するまでの時間待ちます。
(錆びつきがひどい場合は、前日からの浸透剤吹き付けが功を奏するでしょう)

・最初に、グロープラグの頭に取り付けられている、4本のグローを並列でつなぐ、
コネクションプレートを取り外します。
使用した工具サイズは、7ミリ。
以前取り外した、セラミックグローの拾萬円号では、8ミリの工具を使用したので、
こんなところで工具サイズが異なるというのも、意外でした。

・コネクションプレートも撤去して、あとで清掃しますので、配線を取り外して
おきます。10ミリの工具使用。

・グロープラグを、エンジンブロックから取り外します。12ミリのディープソケットを
使用します。
※事前に浸透剤を吹き付けておいたので、容易に取り外すことが出来ましたが、
状況によってはプラグ折損の恐れもありますので、慎重な作業を。

今回は、部品取りが目的でしたので、取り外す前に抵抗値の測定をしませんでしたが、
取り外した各プラグの抵抗値を測定して、使用の可否を調べました。

グロープラグ頭の端子部分(小さなナットを締め込むねじ部分)にプラス、
エンジンブロックにねじ込む部分にマイナスを接触させ、抵抗値を測定します。
取り外したばかりのグロープラグは、汚れや錆等の影響で、なかなか抵抗値を
正確に測定できませんが、簡単な清掃を施すことにより、4本中3本は
抵抗値が測定できました。
およそ、1.2〜1.4Ωでした。

整備解説書によると、プラグ単体での抵抗値は、0.4〜0.6Ωとのことですから、
測定機器の精度にも関係してくるものの、やや抵抗が増しているのかな?
という印象です。

4本中1本だけは、いくら清掃しても、抵抗値は無限大(1と表示される)を
示しており、測定不能でした。
No3ないし、No4(一番奥)のプラグと思われます。

今年2月まで乗っていて、通常はイッパツ始動でき、今乗っている拾萬円号よりも
始動時の感触は速く、氷点下でのエンジン始動にも不具合は感じなかったのですが、
いつの間にか、1本切れていたようですね。

取り外したグロープラグは、後日、お友達のSGのグロープラグを点検してみて、
もし切れているようであれば、移植してみようと思います。
水没号にエンジン移植してから、6万キロ走行したわけですが、プラグ自体に
目立った赤錆の発生が見られないことから、前オーナー時代に、プラグは交換されて
いたのかもしれません。

2582_1.jpg 2582_2.jpg 2582_3.jpg 2582_4.jpg



Re: グロープラグの点検  デリカ寒冷地 - 2008/10/18(Sat) 18:29 No.2583

こんにちは、いつも楽しく拝見してます。新品は抵抗値0.5Ωでした。予熱全電流は、50〜60A 、各プラグは、13〜15A 。


Re: グロープラグの点検  kazuhiko - 2008/10/21(Tue) 21:22 No.2584

デリカ寒冷地さん、こんばんは。

整備解説書によると、プラグ単体での抵抗値は、0.4〜0.6Ωとの
ことですから、新品グロープラグが5Ωというのは、正解ですよね。

水没号のグローが、2倍近い抵抗値になっているのは、その分だけ、
昇温時間が長く必要ということなのでしょうかね?
まあ、切れているわけでなければ、使用上大きなトラブルはなさそうですが、
ひとつだけ、整備工場のメカニックから聞かされた話。

1本だけ切れていて、他の3本が生きていても、新品のグローを1本だけ
入れた場合は、新品と使用品で抵抗値にばらつきが生じるので、同じ時間通電
した場合に、流れる電気の量が異なり、古いプラグにあわせて長めにグロー
(余熱)を掛けると、新品のグローでも、寿命が短くなることがある。

らしい。

基本は4本とも交換ですが、予算の都合で部分交換する場合は、このあたりも
踏まえて、事前に抵抗値を測定して検討する必要がありそうですね。


Re: グロープラグの点検  ERROR@PD8Win北海道 - 2017/05/07(Sun) 22:31 No.3206

うちのPD8Wは昨年11月末に2本だけ新品に交換しました。その際に整備工場が部品を頼んだディーラーにしつこく後2本要らないのか?としつこく聞かれたらしいです。<br>ちなみに、プラグの交換は3回目<br>1回目2本交換2回目4本交換という感じです。<br>交換したプラグを見てみると先が溶けているように見えました。<br>アフターグローのかけ過ぎか、電圧過多なのかも知れませんね。


Re: グロープラグの点検  ナベ@福岡 - 2017/05/22(Mon) 19:13 No.3207

ふと見かけた記事で、グロープラグの品番(物自体)が変わり、電極が大きくなった為、何とドリルで拡張せよとの整備書が付いてくるそうです。溶けた事と関係あるかどうかはわかりませんが・・・


Re: グロープラグの点検  kazuhiko - 2018/12/08(Sat) 09:19 No.3282

元デリカ乗りですが、PE8Wから降り、現在はV46WGに乗っています。

画像はパジェロから外したもの。
(走行10万キロ、納車前整備で新品に交換)

手前から、2.0Ω(オーム)
順に、10Ω、36Ω、
最後は見るからに通電が悪そう。測定場所によっては計測不能で、よくて100Ωか?

新品時は、0.5Ωのはずですから、かなり通電が悪くなっており、
実質的に使用できていたのは1本か2本程度で、
かろうじてエンジンが始動できていたのではないかと。

このように、経年劣化によって4本の抵抗値がバラバラになっていることがあります。
カーオーディオのインピーダンス(抵抗)と同様の考え方ができるのですが、
抵抗値に差があると、抵抗の少ない(通電しやすい)方へ多くの電気が流れます。
抵抗値が大きなグロープラグには電気はあまり流れることなく、
抵抗値の小さいグロープラグには、必要以上に過度の電気が流れて、
正常な個体ほど無理が掛かってしまうのです。

ディーラー等で、4本同時交換を奨めるのには訳があり、
仮に1本だけ新品に交換すると、その1本にばかり過度の電気が流れて、
結果的に新品交換した1本が、先に切れてしまう恐れがあります。

3282_1.jpg 3282_2.jpg 3282_3.jpg



Re: 確実な予熱へ長期試用の報告  デリカ寒冷地 - 2019/02/16(Sat) 22:48 No.3288

グロー配線交換と、通電時間の変更改造を実施して、その後約10年20万キロ以上の長期試用をして、グロー故障、始動不具合無しで、現在も良好に使えてます。
画像・グロー制御線加工状況。・アフターグロー制御タイマー、アフターグロー遮断中。

3288_2.jpg 3288_3.jpg






[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150]



投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 削除キー

ページ掲載の画像の一部、または全部を著作権法の定める範囲を越え投稿者に無断で複製、転載することを禁じます。

1発言で画像10枚まで、トータル2Mbまで投稿出来ます。
1枚の画像は大きくとも1920pix程度に抑えてください。
画像のリサイズは Windowsの方でしたらフリーソフトの縮小専用をお薦めします。





Back to Top

MORIMORIスペースギアのページへ戻る




- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y20 :Edit by Yamamoto -
- Tomokun_ver20050204-thb : Edit by tomokun -
- resize.pl - -守宮