デリカスペースギアBBS10000 (part2) By MORIMORI
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [デリカBBS10000ワード検索] [管理用]

タイトルEGRバルブの点検
記事No: 4380 [関連記事]
投稿日: 2006/08/14(Mon) 22:43:29
投稿者
URLhttp://heartland.geocities.jp/kazuhiko0521/

こんばんは。 kazuhikoです。

レバーポジションセンサー(LPS)の不具合と思われる、EGRバルブの作動不良で、
走行中に、カラカラという異音(かなり大きい)が発生して失速したり、黒煙をドバッと
吐くことがありましたが、EGRバルブにつながっている、バキュームホースを一時的に
抜くことで、特に不具合もなく、走行できております。

とはいえ、EGR作動不良の原因が、本当にLPSの不具合なのか? それとも、EGR
バルブ本体にあるのか? 原因を絞りきれておりませんので、EGRバルブを取り外して、
点検してみました。

■施工は、エンジンが冷えているときに行います。

■EGRバルブにつながっている、バキュームホースを抜きます。(既に抜いてある)

■EGRバルブを取り付けている4本のボルトを、12ミリの工具で外します。
EGR後ろ側の下のボルト以外は、ソケットレンチが使用可能ですが、一番奥だけは、
頭の大きな工具は、クリアランスが狭いため使用不可。(めがねレンチのみ可)

■外したEGRバルブの中(バルブ作動部分)は、煤で真っ黒でしたが、特に固着した
ようには見えません。
試しに、バキュームホース接続部分を、吸ってみると、バルブは正常に動きます。
指で押して開放しようとしても、かなりの力が必要です。力を抜くと、すぐに戻ります。

というわけで、点検の結果、なんら異常は見つかりませんでしたが、シリコンスプレーを
たっぷり吹きかけて、きれいに拭き取って、元に戻しました。

不具合の原因が、EGRバルブ本体ではないことがわかったので、LPSを交換するまで
の間、バキュームホースは抜いておくことにします。
抜いたバキュームホースには、適当なタッピングスクリューを差し込んでおき、動かない
ように、かんたんに固定しておきます。

盆あけに、ディーラーに入庫予定です。

EGRバルブの点検 (画像サイズ: 425×992 186kB)





    - 関連一覧ツリー (◆ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

デリカBBS10000について補足事項

  • メールアドレス入力は任意です。
    [非公開設定]にすると掲示板で一般公開されずに管理者だけがわかる仕組となっております。
  • 画像はJpg/gifがアップできます。容量は1Mbまでです。
    画像の添付された発言には[PICT]というアイコンが付きます。
  • [検索]はこのBBS以外にも過去の10000発言もありますのでそちらもあわせてどうぞ。→[検索]ページにリンクを記載。
  • 文中の参照リンクは意図的な宣伝等でなければ、書いていただいてかまいません。

デリカスペースギアのページへ戻る

Back to Top