デリカスペースギアBBS10000 (part2) By MORIMORI
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [デリカBBS10000ワード検索] [管理用]

タイトル悪戦苦闘 治ったかな?
記事No: 4348 [関連記事]
投稿日: 2006/08/10(Thu) 22:13:21
投稿者
URLhttp://heartland.geocities.jp/kazuhiko0521/

youkiさん、こんばんは。kazuhikoです。

> 新品交換前に、確認して見たいですね。
> 少し出力電圧が低いLPSと、自作ハーネスが有りますんで、新品が
> 来る前にテストしますか?

なんと、自作ハーネスですか〜 ちょっと興味があったりします。

とはいえ、LPS(レバーポジションセンサー)の脱着は、噴射ポンプのダイヤフラム
部分に共締めしているボルトを外す必要があるので、手をつけるのに、やや抵抗があります。
なにせ、一度ばらしてしまうと、中間にあるカラーやらボルト落とすと、最悪ですからね。
(悪夢が蘇りそうです)

さて、部品を発注して、ディーラーへ入庫の予定も入れてあるのですが、ここで悪あがきを…

LPSの接続コネクタ部分(断面が三角形でおにぎりみたいな形しています)を外して、何回か
抜き差ししてみましたが、相変わらず、エンジンを掛けると点滅します。
(インタークーラー外していますから、短時間だけ、アイドリングのみ)

配線コネクタを外して、パーツクリーナーで洗浄してやりました。
本当は、電気部品ですから、「レクトラクリーン」みたいなケミカルがいいのかもしれませんが、
しっかり乾かせば、まあいいか? 駄目で元々という開き直った態度で施工。

結果、復旧しました。(完全に乾くまで、暫く時間が掛かりました。濡れていると駄目です)

エンジン始動後、AT警告灯が消灯するまで、数秒掛かるのが気になりますが、その後は、
点滅することなく、きちんと消灯しております。

復旧まで、日没間近まで掛かってしまいましたが、修理完了後、夜になってから走らせてみました。
一応、キックダウンもするし、4速のロックアップにも入るようになりました。

さて、治ってしまったのですが、発注した部品はキャンセルきかないだろうな〜
やはり、新品に交換するべきかな?(古い部品は出力電力が低下している可能性は否定できない)


> 私の場合、ネジ折ったり、緩まなかったりが多いです。

インタークーラー取っ払って作業したついでに、アーシングや、電装品の配線をすっきりと
まとめようと思い、余分な作業をしておりましたら、エンジンルーム内ボディ側のアースポイント
ボルトを、締め付ける際に、折ってしまいました。余計なことはするべきではありませんね。

電気ドリルで折れたボルトに穴をあけ、6ミリのタップを立てて修復しましたが、泣きそうです。

悪戦苦闘 治ったかな? (画像サイズ: 567×425 87kB)





    - 関連一覧ツリー (◆ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

デリカBBS10000について補足事項

  • メールアドレス入力は任意です。
    [非公開設定]にすると掲示板で一般公開されずに管理者だけがわかる仕組となっております。
  • 画像はJpg/gifがアップできます。容量は1Mbまでです。
    画像の添付された発言には[PICT]というアイコンが付きます。
  • [検索]はこのBBS以外にも過去の10000発言もありますのでそちらもあわせてどうぞ。→[検索]ページにリンクを記載。
  • 文中の参照リンクは意図的な宣伝等でなければ、書いていただいてかまいません。

デリカスペースギアのページへ戻る

Back to Top