デリカスペースギアBBS10000 (part2) By MORIMORI
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [デリカBBS10000ワード検索] [管理用]

タイトルAT警告灯が点滅
記事No: 4333 [関連記事]
投稿日: 2006/08/08(Tue) 21:52:08
投稿者
URLhttp://heartland.geocities.jp/kazuhiko0521/

こんばんは。平成7年SG(2800DT)に乗っているkazuhikoです。

先日より、メーターパネル内のAT警告灯が、常時点滅するようになってしまいました。
イグニッションON時、すべての警告灯が点灯したあと、すぐに消灯するまでは、正常なの
ですが、その直後から、AT警告灯だけが、点滅を繰り返してしまいます。

走行したフィーリングは、街中では異常は殆ど感じません。むしろ、以前よりもやや低回転で
走ることができる感じですが、バイパスを70〜80キロ程度で走行すると、異変に気がつき
ます。以前は(正常ならば)、4速ロックアップに入った状態で、2000回転で80キロ
巡航できたものが、やや回転数が高く、2000回転では、70キロ程度。
しかし、60キロ巡航では、むしろ1800回転程度で巡航できるので、ギクシャクした、
キックダウンとシフトアップを繰り返すような感触はありません。

先日、三菱ディーラーへ行き、診てもらいました。
ダイアグノシス コード を読み取り、結果、アクセル開度を検知するセンサーからの出力が
確認できないとのこと。

詳しく故障原因を診断するためには、車を預からせて欲しいとのことで、事前に予約が必要
とのことでしたので、本日、SGを預けてきました。(代車は用意できないらしい)

午前中に車を預けて、代車はないので、珍しく市内を徒歩で帰宅。

午後、三菱から診断が終わったとの電話があり、再び歩いて、車を引き受けに行きました。
車で所要時間15分程度の距離ですが、実際に歩いてみると、片道1時間は掛からない距離
だということにちょっと驚き…

診断の結果、やはり、スロットルポジションセンサーの交換が必要とのことです。
構造的には、ボリュームみたいなものとの説明でしたが、所謂、可変抵抗器みたいなもので、
「抵抗値の調整はできないのか?」との問いに対しては、
「信号が弱いのではなく、ゼロの状態なので、調整することができません」との返答。

小さな電気部品なのですが、部品単価が1万円以上するようです。
とはいえ、仕方がないので部品を発注して、盆あけに入庫の予約を入れてきました。
部品交換は1時間程度で終わるらしく、工賃込みで2万円以内で何とかしたいとの説明でした。

アクセル開度をATのECUに伝達する信号が短絡しているようで、アクセルを踏み込んで
いない状態になっているのと、同様の症状が再現されるそうです。
ですから、シフトアップは、滑らかで、アクセルを踏み込んでもキックダウンしません。
そして、アクセルをパーシャルに踏んでいても、ロックアップには入らないというわけです。

※AT警告灯が写っている画像は、画像加工しています。
(本当は、エンジン始動後に点滅しているんですが、点滅状態で撮影すると、タイミングが
合わなかったので、イグニッションONで、全警告灯が点灯している状態を撮影して画像加工)

AT警告灯が点滅 (画像サイズ: 425×652 72kB)





    - 関連一覧ツリー (◆ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

デリカBBS10000について補足事項

  • メールアドレス入力は任意です。
    [非公開設定]にすると掲示板で一般公開されずに管理者だけがわかる仕組となっております。
  • 画像はJpg/gifがアップできます。容量は1Mbまでです。
    画像の添付された発言には[PICT]というアイコンが付きます。
  • [検索]はこのBBS以外にも過去の10000発言もありますのでそちらもあわせてどうぞ。→[検索]ページにリンクを記載。
  • 文中の参照リンクは意図的な宣伝等でなければ、書いていただいてかまいません。

デリカスペースギアのページへ戻る

Back to Top