デリカスペースギアBBS10000 (part2) By MORIMORI
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [デリカBBS10000ワード検索] [管理用]

タイトルRe: 燃料ポンプ
記事No: 11393 [関連記事]
投稿日: 2008/12/29(Mon) 18:41:57
投稿者
URLhttp://heartland.geocities.jp/kazuhiko0521/delica/delica.htm

こんばんは。平成7年SG(2800DT)に乗っています。

> いずれ修理に出すんですが、応急処置として今の症状を軽減させる方法等ありますでしょうか?ちなみに購入11年目、走行距離10万弱です。

あくまで、応急的な、急場しのぎの予防対策です。

(1)始動困難
朝一番のエンジンの掛かりが悪いのは、グロー(余熱)の不良。
エンジンが冷えているときには、自然着火方式のディーゼルには辛いところで、電気的に
瞬時に昇温するヒーターがついているのですが、この装置をグローと呼んでいます。
キーをイグニッションON後、メーターパネル内に電熱線に似たマークが現れ、1〜2秒程度で
消えると思います。この表示灯が出ている間は、プリグローといって、大電流が流れていますので、
消灯後に、キーを回してやると、始動性は改善します。

但し、グロープラグが断線していると、余熱できませんので、意味がありません。

4本すべてではなく、1本断線しているだけでも、始動性は悪化しますが、グロー不良による
不具合の場合は、エンジン始動直後に、未燃焼の生ガスが排出され、白い煙幕を吐きます。

(2)エンスト
グローとは別に、燃料噴射ポンプのトラブルでエンストする場合もあります。
燃料ラインにエアーを噛んで、そのため、燃料が供給不足に陥り、エンジンが停止してしまう
症状ですが、不思議と、エンジンが温まっているときには、この症状は再発しないことが多く、
走り出す前に、充分に暖気をしてやることが、エンスト防止の決め手です。

エンジンをかけた直後から、燃料の供給不足は起こっているのですが、燃料の配管内にも
燃料が残っているので、アイドリングして1〜2分程度は、エンジンが回っているようです。
ですから、エンジンをかけた直後に、暖機運転することなく、いきなり走り出すと、3分以内に
路上でエンストしてしまうという傾向が顕著に見受けられます。


だから、エンジン始動後、3分間はアイドリング状態で暖機運転をして、助手席の前方から、
カコンという、グローリレーが切れる音が聞こえてから、走り出すと、比較的ノートラブルで
走ることができます。

但し、これは、騙し騙し乗るに過ぎないわけですから、いずれは修理しなければなりませんね。






    - 関連一覧ツリー (◆ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

デリカBBS10000について補足事項

  • メールアドレス入力は任意です。
    [非公開設定]にすると掲示板で一般公開されずに管理者だけがわかる仕組となっております。
  • 画像はJpg/gifがアップできます。容量は1Mbまでです。
    画像の添付された発言には[PICT]というアイコンが付きます。
  • [検索]はこのBBS以外にも過去の10000発言もありますのでそちらもあわせてどうぞ。→[検索]ページにリンクを記載。
  • 文中の参照リンクは意図的な宣伝等でなければ、書いていただいてかまいません。

デリカスペースギアのページへ戻る

Back to Top