デリカスペースギアBBS10000 (part2) By MORIMORI
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [デリカBBS10000ワード検索] [管理用]

タイトルRe: 2インチUP=約5センチですか?
記事No: 36 [関連記事]
投稿日: 2005/07/29(Fri) 18:08:29
投稿者

こんばんは。平成7年SGに乗っています。
さとやん@大阪さん、郡上ではどうも〜です。

> 2インチUPキットはショック→ランチョRS9000X、2インチUPコイル、ジャオスアシストキット、強化アンカーアームガイドを使用しようと思っています。
> 当方05型エアロルーフボディで、タイヤは現在ノーマルです。宜しくお願いします。

ここまで天井のクリアランスが狭いと、非常に厄介です。というのも、まっ平らなところでは計算上の高さでもOKでしょうが、進入速度、ブレーキの掛け具合によっては、フロントは沈み、リアは持ち上がります。一度沈んだフロントは、バネの反発により瞬間的に持ち上がります。2cmが、2cm確保できない状況もあるわけで、なんとも言えません。
また、2インチは約5cmですが、正確に言うと、PF8Wさんの言うように1インチ=25.4ミリ。2インチだと、5.8cmということになります。
実際に、2インチキットを組んだとしても、正確に5.8cm上がるとは限らないので、その前後だと思ってください。
車検についても、4cmを超える分については、記載事項の変更が必要になったはずです。

私的にお勧めは、4cm以内でのリフトアップです。
1.5インチコイル、若しくは純正コイルにスペーサーで上げる。これなら、後日欲が出てきたときに、スペーサーで上げることも可です。リアコイルの交換やスペーサーを入れるのは、ひとりでは厄介ですが、2人以上いれば、DIYでも可能な作業です。

フロントは、強化トーションバーとアンカーアームを補強するパーツを使って、1.5インチ程度の絞り上げで様子を見る。もし2インチまで上げるのであっても、これなら、ナットを締めこむだけで持ち上がります。

注意点は、たとえ1.5インチ程度であっても、ブレーキの干渉と、タイヤの取り付け角(キャンバー)には、細心の注意を払った方がよいでしょう。
天井までのクリアランスが狭いという状況では、一度に無理して限界に挑戦するのではなく、コツコツと作り上げて言ったほうが、よいのではないでしょうか?

ちなみに、天井(屋根)を傷つけてしまうと、リセールバリューは底値に転落します。通常、ドアやボンネットなどと違い、屋根は交換できない外板パーツですから、屋根に傷のある車両は、査定の上では事故車扱いになります。私も以前、ひょう(氷)害に遭った事があり、査定は半値に落ちてしまいました。(今では開き直って、荷物の積み降ろしでボコボコですが…)
事故車扱いになると、国内での転売は難しく、輸出用に回されるのだそうで…

尚、2インチ上げて、ノーマルサイズのタイヤでは、ちょっと見た目、不自然かな? なんて考えて、大径タイヤの装着もやりたくなると、後戻りできませんので、少しは余裕を見ておいたほうがいいと思います。






    - 関連一覧ツリー (◆ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

デリカBBS10000について補足事項

  • メールアドレス入力は任意です。
    [非公開設定]にすると掲示板で一般公開されずに管理者だけがわかる仕組となっております。
  • 画像はJpg/gifがアップできます。容量は1Mbまでです。
    画像の添付された発言には[PICT]というアイコンが付きます。
  • [検索]はこのBBS以外にも過去の10000発言もありますのでそちらもあわせてどうぞ。→[検索]ページにリンクを記載。
  • 文中の参照リンクは意図的な宣伝等でなければ、書いていただいてかまいません。

デリカスペースギアのページへ戻る

Back to Top